受験期に恋愛は勉強に悪影響?合格者の恋愛事情について調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。

秋は文化祭や体育祭など青春イベントが盛りだくさんな学校が多いと思います。

しかし、3年生にとっては、部活を引退し、本格的に受験期に入るシーズンでもありますね。

文化祭の準備などをしていると気になる子ができたり、イベントにのって告白したり、されたり、ということが増えてくる時期でもあります。

ここから寒い季節、そして厳しい受験期を乗り越えるために、彼氏・彼女が欲しいと思う人も多いのではないでしょうか。

 

しかし受験生は「このまま恋愛していても大丈夫なのかな」と不安になってしまう人も多いのではないでしょうか。

この記事では受験生の間に恋愛していた人はどういった結果を出していたのをまとめていきます。

今回は、受験勉強と恋愛についてお伝えしていきますのでよろしくお願いします!

 

 

受験期の恋愛は勉強に影響する?

受験期に恋愛することはどのように受験勉強に影響するでしょうか?

恋愛と一口に言っても、その状況はさまざまです。

長く付き合ってきた恋人がいる人もいれば、最近付き合い始めた人や片想いの人、告白して振られてしまった人もいるでしょう。

付き合っている人の中にも、受験勉強を理由になかなか連絡を取る機会がなくなってしまったり、勉強のストレスをぶつけてしまって度々口論に…なんて人もいるのではないでしょうか?

そのように恋愛でストレスをためてしまうと、モヤモヤしてなかなか本分である勉強に集中できなくなってしまい、「このままじゃダメだ、、」と自分を恨みたくなることもありますよね。

 

しかし、受験期の恋愛が勉強や成績に悪影響をとなってしまう人がいる一方で、仲良くお互いを高めあえている人たちもいます。

そんな人たちは、恋愛をポジティブに勉強にも役立てることが出来ています。

例えば、同じ大学を目指していたり、相手が頑張っているところを見て自分も頑張ろうと思えたり。

勉強を頑張った分、2人でのんびりする時間を作って勉強のストレスをうまく発散できたりもします。

そうやって良い影響を与えることのできる恋愛を出来るのが理想ですよね。

 

このように恋愛と勉強の関係は、する人によって様々です。

自分がどういう人間なのかを自己分析し、それに基づいて恋愛が受験期に必要かそうでないかを判断するようにしてくださいね。

 

 

合格者は受験期にどれくらい恋愛をしていた?

では、実際に受験期に恋愛をしていたという人は恋愛にうつつを抜かすことなく、ちゃんと志望校に合格できたのでしょうか?

その旨を調べてみました。

 

その結果、恋愛にストレスなくお互いに良い影響を与える恋愛をしていた人たちは、良い結果を得られている方が多いようです。

ただでさえストレスの多い受験期に、恋愛においても悶々と悩みを抱えてしまっていた人たちは、それだけ勉強に集中することができない時間が増えているはずです。

特に相手が同じ受験生ではなく、後輩や先輩だったりすると同じ受験期の感情を共有するのが難しく、自分のストレスをぶつけて迷惑をかけてはいけないという思いから、余計に悩みを感じてしまうことも。

そのような人たちは恋愛も勉強も中途半端なままで、志望校にも合格できず、好きな相手ともうまくいかず、負の連鎖に陥ってしまう結果になってしまうことがあるのです。

 

 

影響が出るかは人によって異なる!

あなたの周りを見ても、お互いに良い影響を与えられているカップルも、逆に恋愛にストレスばかりためているカップルもいるはずです。

自分の頭の中で恋愛が占める割合は、人それぞれですから、勉強に支障をきたさず、心地よく続けられる恋愛の仕方も人によって異なります。

まずは、彼氏・彼女がいる方も、好きな人や気になる人がいる方も、自分の恋愛について今一度考えてみてください。

あなたはどのような恋愛の仕方が一番向いているでしょうか。相手に良い影響を与えたり、与えられたりできているでしょうか。

もし、不安要素があると感じた方は、相手との付き合い方について見直してみましょう。

 

お互いに励ましあったり、褒めあったり、時にはやる気をなくしている相手を叱咤したり。

そういった関係が気付けるように、相手と話し合ってみても良いかもしれませんね。

受験シーズンは、連絡を取るのは1日に1回だけ、とか、どんなに根を詰めていても週に一度はしっかりとお互いのことを話す時間を作る、など、決まりを作ってしまっても良いでしょう。

そうやって自分にとって心地よい恋愛の仕方を保つ難しい場合、例えば最近フラれてしまった、とか好きな人には相手がいるなどであれば、そのモヤモヤを勉強に昇華するというのも恋愛と向き合う方法の1つです。

あなたはどれにあてはまるでしょうか?

受験をする際に自己分析をすることも大事ですから、その際に恋愛について考えてみるのも良いかもしれません。

 

 

まとめ

受験期といえど、基本的な自分の恋愛姿勢を変える必要はありません。

受験シーズンは、自分の限界が試されるチャンス。

つまり自分の恋愛に対して向き合う良いチャンスでもあります。

 

受験期だからと言って、「今までの恋愛を切り捨てて勉強に没頭しよう」と考える必要はありません。

今後の人生の中で、何かを両立しなければならないことは何度もやってきます。

受験と恋愛をうまくバランスをとって両立させることができるよう努力することで、今後のあなたの人生でもその経験が生きることになるかもしれません。

 

ただし、最後に1つ。

もし、自分と恋愛について考えてみた結果、自分は恋愛に没頭すると周りが見えなくなってしまい勉強も全く手につかなくなってしまう、と言う方は受験期間は恋愛をストップするという決断をするのも1つの手かもしれません。

あくまでも自分にとって最高の結果を得るためにはどうしたら良いかを考えてくださいね。

 

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*