中高一貫でも高校受験した方が良い?メリットデメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
building

こんにちは!

勉強サークルです。

 

近年中学受験をして中高一貫校を目指す家庭が増えていますね。

中高一貫校を目指す家庭が増えているということは、同時に中高一貫校の倍率も高くなります。

 

さて、晴れてその中高一貫校に合格できたとして、高校受験をする家庭も存在します。

中高一貫校へ通っている場合、6年間を過ごすのが一般的ですが、高校受験をするケースもあります。

今回の記事ではその中高一貫校に通う生徒の高校受験のメリットデメリットに関して取り上げていきます。

高校受験を検討している保護者様もこの記事をご一読いただき、参考にしてもらえればなと思います。

それでは今回もよろしくお願いします。

 

 

中高一貫で高校受験をするメリットは?

中高一貫へ通っている生徒さんが、高校受験をするメリットは、もっと高いレベルの学校へ進学したい、学校の環境を変えるなど大きなメリットがあります。

通っている中高一貫の校風やクラスに馴染めず学校へ通うのが苦痛に感じているようでしたら、高校受験をすることで大きく環境を変えるチャンスになりますし、本人も違う環境へ進むことで充実した学校生活を送ることができます。

 

また、勉強面に関しても今よりもっと上のレベルへ進学したいと考えるケースもあり、中学受験で思うような進学先ではなかった、入学したら意外とレベルが低くて驚いたなど様々な感じ方をしている方も多いはずです。

そうした場合、高校受験をすることでさらなるステップアップができ、ご本人も自信をつけることになりますし、新たな環境でチャレンジするチャンスになります。

高校受験の勉強と中高一貫の勉強の両立で、かなり実力も付きますし、大学受験に向けてさらなるステップアップができるようになります。

 

中高一貫校に通う生徒が高校受験をするメリットとしては、レベルアップを目指すことができるという点です。

中高一貫校よりもレベルの高い高校を目指すことができますし、万が一高校受験に失敗してしまったとしてもそのまま中高一貫校に通い続けることが可能です。

普通の中学に通っている生徒でしたら落ちてしまった時のリスクを考えるはずですから、中高一貫校の生徒の高校受験の強みは失敗してしまってもダメージが少ないことでしょう。

 

 

中高一貫で高校受験をするデメリットは?

6年間通うことになる中高一貫の環境の中で高校受験をするお子さんは、かなり少ないです。

学習進度も中高一貫は早く、中学3年生で既に高校授業の内容を学習している学校もあり、高校受験の勉強と学校の勉強の両立は正直大変になります。

また、周りの子に流されずご自身の考えを貫くことが必要になるため、お子さん自信の気持ちが強いことは重要なポイントになります。

 

高校受験は、私立と公立と受験勉強の内容も違いがあり、公立高校の場合は地域によって特徴もあるため、しっかりと分析して勉強を行う必要があります。

その点をご自宅でサポートするか、塾へ通うか、または学校に相談するかなど具体的な方針を決めて、早い段階から動くことは必要になります。

 

また、高校進学後、なぜ中高一貫へそのまま進学せず、高校受験したのかを質問されるケースが多いため、入学後のこともお子さんとしっかり話し合っておくことは必要になります。

きちんとご自身の考えを持ちチャレンジすることで新たな扉が開きますし、色々と経験することで全く違った環境で得るものもあります。

デメリットとしては、中高一貫と高校受験の勉強両立が大変になり、入学後は周りの子からそのまま中高一貫へ進学しなかったのか聞かれることもあるため、受験する際にはしっかりと話し合っておくべきです。

 

 

実際、中高一貫の人は高校受験をするべきか?

中高一貫は中学受験のみ募集するケースと高校受験があるケースもあり、学校によって様々です。

都心などでは、中学受験のみの学校も多々あり、高校では生徒を募集しない学校もあるため、その辺が理解しておきましょう。

 

中高一貫は、5年間で中学高校の勉強を終え、残り1年間は受験勉強に集中するという学校も沢山あります。

学習進度も早いですし、高校受験をする場合は、お子さんご自身が学校と受験勉強の両立に厳しいと感じるケースも出てくるため、しっかりと計画を立て、親子で話し合い、どうしたらよいかじっくり考えを定めるべきです。

また、学校側もサポートしてくれることもあれば、あまり快く感じてくれないケースもあるため、その辺は理解しておきましょう。

 

学校がつまらない、友達ができず環境を変えたいなどお子さんが希望しているようでしたら、高校受験をして環境を変えることもできるため、その場合は受験した方がお子さんのためになるかもしれません。

一応、入学後になぜ中高一貫へ進学しなかったのか、聞かれることもあるけど、大丈夫かな?と話しておくことも必要です。

感受性が強い時期ですし、お子さんの学校生活を充実させることが、何より大切になるため、しっかりと計画を立て、勉強することが大切になります。

 

中高一貫の生徒さん方は、高校受験をするべきかどうか、これはケースバイケースなので、一概には言えませんが、お子さんの考えを尊重することが何より大切になります。

 

 

まとめ

お子さんが中高一貫へ通っているけど、高校受験しようかと迷っているという場合、受験した場合のメリットデメリットを考慮して、家族でしっかり話し合った結果、ご本人の希望を確認することが何より大切になります。

受験して今よりさらに高いレベルの高校へ進学したいと考える方もいますし、環境を変えて多くの刺激を受けたいなどお子さんの考えを尊重し、そして親の考えをきちんと伝えることも大切になります。

6年間、環境が変わらず過ごしていくと、刺激もなくダラダラと過ごすし、学校によっては学力低下するケースもあるため、そういった環境は避けたい場合は、受験してステップアップしていくことも可能です。

方針を決めたら、家族一丸となって突き進んでいくべきでしょう。

 

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*