要チェック!中学生の英語長文が読めない子の3つの共通点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
eigo

英語嫌いな子にとって鬼門になるのが長文だ。定期テストでももちろん、入試でも出題される。そして高校入試の英語で最も重要となるのがこの長文だ。長文の出来次第で英語は出来るかどうか決まると言っても過言ではない。

定期テスト、模擬などを通して、「長文が出来ない」、と悩み、相談を受けるケースは非常に多い。なぜ長文ができないか、ということを子供たちにヒアリングすると面白いほど共通点が浮かび上がってくる。その共通点とは何か、ということに触れながらどうしたら長文が読めるようになるかご紹介していく。

 

テクニックで英語長文は読めない

よくある勘違いとして、

「英語の長文はやり方さえわかれば解けるんでしょ?」

というものがある。

やり方とはテクニックやコツのことであり、小手先の技術みたいなものだ。

確かにそういったテクニックを知っていれば設問に解答しやすかったり、

正答しやすかったりする。知っておいてまったく損はない。

ただし、そのテクニックが生きてくるのはあくまで

『基礎力』

がある前提で、ちんぷんかんぷんな状態でテクニックだけ取り入れても意味はない。

故に、最低限英文を読む力を身につけなければならないのだ。

この英文を読む力こそ、長文読解が出来ない子たちに足りていない共通点だ。

 

単語力、熟語力、文法力

この3つがそろって初めて長文読解は出来るようになる。

・単語力→英単語をどれだけ覚えて、使いこなせるか

・熟語力→英熟語をどれだけ覚えて、使いこなせるか

・文法力→英文法をどれだけ覚えて、使いこなせるか

これらのうちのどれか1つでも欠けたら、英語は読めなくなる。

基本的に英語長文は1つ1つの文を訳せれば、

文の流れも分かるし問題も解ける。

1つ1つの文が読めないのであれば問題が解けるはずがない。

単語力や熟語力、文法力の1つ1つについて詳しく見ていこう。

 

単語力

英文を読むときの最も基本になるのが英単語である。

例えば、

I have a dog.

という文があったとして、

I→私(は) have→持っている(飼っている・食べる) a→1つの dog→犬

というように単語の意味を知っていたら、

I have a dog.  私は犬を飼っています。

と正確に日本語に訳すことが出来る。

この英単語を知っていれば知っているほど、

自分の力で英語を訳しやすくなる。

中学生であれば、最低でも1000~1200語くらい単語を覚えていなければ、

入試レベルの長文を読んでも、

「especially? experience? なにこれ???」

となりその時点で思考がシャットダウンされてしまうだろう。

英単語を覚えることは基本中の基本だ。

どれから覚えていっていいかわからない!、という状態であれば

中学生レベルの単語帳を何か1冊買って覚えていければいい。

個人的なオススメとして、ターゲットの単語帳がある。

入試に出る順に書かれているので使いやすい。

もちろん他に単語帳を持っているのであればそれでもいい。

最低でも1000語~1200語を目標にしてがつがつ覚えてほしい

 

熟語力

単語力と並び、基本となるのが熟語である。

熟語と言うのは、

・in front of~   ~の前に

・over there    向こうに、向こうで

・be glad to do~ ~してうれしい

といった英単語を組み合わせて1つの意味になるものをいう。

連語ともいったりもする。

こういった熟語も単語と同じようにできる限り多く覚えなければならない。

熟語についても最低150~200くらい覚えていないと長文など読めるはずもない。

なぜなら、単語と違って英語を組み合わせて1つの意味になっているので、

単語だけを見ても意味が推測できないからだ。

※by bikeで、「自転車で」という意味になるが、

これはby+乗り物が「乗り物で」、という意味を覚えていないと出てこない。

熟語についても覚えるものが無ければ、ターゲットなどの熟語帳を買って

ガンガン覚えていこう。

文法力

単語、熟語をおさえた上で最も重要なのが文法だ。

文法が分っているかどうかで長文がすらすら読めるのか決まる

逆に分かっていないと、どこかでつまづき文の流れが分からなくなる。

文法事項は入試までに以下の分量を覚えて使いこなせる必要がある。

 

【必須文法事項】

be動詞、一般動詞、名詞・代名詞、疑問詞、前置詞、命令文、進行形、

助動詞、there is構文、文型、不定詞、動名詞、比較、受動態、

現在完了、it to構文などの特殊構文、分詞の形容詞的用法、

関係代名詞、間接疑問文、(付加疑問文・否定疑問文)

 

これだけの量の文法事項を使いこなせるぐらいまで覚えなければならないのだ。

少しくらい勉強したくらいでは歯が立たない。

少し反復したくらいでは忘れてしまう。

何度も何度も反復して勉強し、各文法事項を理解していかなければならない。

ここまで出来て初めて、

『1つ1つの文を正確に訳す』

ことが出来るのだ。

入試の長文は難しい。平気で、

There are many volunteer programs at the university that students can apply for.

※apply for ~ ~の応募する

長文中にこれくらいの文が出てきたりする。

上の文はthere is 構文、関係代名詞、助動詞の文が理解できて初めて、

『大学で生徒たちが応募できるたくさんのボランティアプログラムがある。』

と訳すことが出来るのだ。

長文を訳すためには絶対に文法力が必要である。

読めるようになりたい!、という場合は文法力を極めてほしい。

塾に通っているのであれば塾のテキスト、自分で参考書を持っているのであれば

それを使ってどんどん勉強してほしい。

もしない場合は、このような問題集を使って勉強してほしい。


まとめ

①単語を覚えて

②熟語を覚えて

③文法を覚える

④①~③が使いこなせるくらいまでなれば長文は読める

 

英語には近道はない。徹底的に反復して自分の血肉と変えるしかない。

大変な道のりだとは思うが、急がず徹底的に単語、熟語、文法を完璧にしてほしい。

オススメ勉強コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・中学校のテストで高得点を取らせたい
・学校の教科書に準拠してほしい
・自宅でも勉強してほしい

そんなお母さんの希望を叶えるのが勉強サプリです。【無料トライアル】ができます。

勉強サプリの料金はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*