子どもの教育費は総額でいくらかかるのか?公立と私立の場合での違い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子育てにはお金がかかる。

今回は幼稚園から高校卒業時まで、つまり大学に入学するまでにかかる教育費の総額がいくらになるのか?

を文部科学省のデータを基にまとめてみた。

ハッキリ言って相当な金額になるので人生設計の1つの目安としてほしい。

 

教育費の総額はいくらになるのか

平成26年度「子どもの学習費調査」によると、

すべて公立に通った場合 → 約523万円
すべて私立に通った場合 → 約1,770万円

となった。

すべて私立に通った場合は、公立の場合の実に3.38倍にもなる。

 

以下のデータは、学費、給食費、学校外活動費(塾や習い事など)が含まれている。

いずれも年額である。

ご自身の子供が成長したら毎年どれくらいのお金がかかるのか?などの目安にブックマークしておいてほしい。

■幼稚園

公立 → 222,264円
私立 → 498,008円

■小学校

公立 → 321,708円
私立 → 1,535,789円

■中学校

公立 → 481,841円
私立 → 1,338,623円

■高校

公立 → 409,979円
私立 → 995,295円

※平成26年度
※すべて年額

参考:子供の学習費調査

文部科学省がご丁寧に様々なモデルを用意してくれていたので、そちらも見ていこう。

fee

1、すべて公立に通った場合 → 523万円
2、幼稚園のみ私立に通った場合 → 609万円
3、高等学校のみ私立に通った場合 → 698万円
4、幼稚園及び高等学校は私立に通った場合 → 784万円
5、小学校のみ公立に通った場合 → 1,041万円
6、すべて私立に通った場合 → 1,770万円

5の小学校のみ公立に通った場合は言い換えれば、中学受験をする場合と言えるだろう。

 

ちなみに大学の場合は・・・

上記は平成26年度の「幼稚園から高校卒業までにかかる費用」であるが、独立行政法人日本学生支援機構が大学の学費の平均を公開している。

データは平成24年度のものなので、年々学費が上昇していることを留意してほしい。データには授業料・通学費・課外活動費を含む。

国立:673,700円
公立:682,100円
私立:1,319,700円

※年額

もちろんこれだけの費用を一括で支払うわけではないし、1,000万円以上のお金を貯蓄しなければならないわけではない。

入ってくるお金から都度出していく形になるからだ。

しかし、受験費用や入学金などは、どーんとかかってしまうのは避けられないので最低でも100万円~200万円は口座残高を用意しておいた方が良いだろう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*