英単語ターゲット1900の覚え方【紙ベース編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
target

大学受験の英単語帳でいまだ根強い人気の英単語ターゲット1900。

個人的にはフラッシュカードを使って暗記する方が効率良く覚えられるが、紙ベースを好む人もいるだろう。著者の私が大学受験に臨んだ時は、フラッシュカードの存在を知らなかったため紙ベースを使用していた。

もちろん紙ベースには、紙ベースのメリットがあり極めればフラッシュカードよりも威力を発揮するので、覚え方と使い方を伝授したい。間違っても「英単語だけ覚えておしまい!」といったことがないようにしよう。

 

 

英単語ターゲット1900紙ベースのメリット

この記事では、「英単語ターゲット1900を完璧に使い切る」ことを目標に紹介したい。

まずは、紙ベース版のメリットを紹介しよう。

①派生語・類義語・成句などが収録されている。
②例文がある

①派生語・類義語・成句などが収録されている。

例えば、add 「~を加える」という単語に関して、

add to 「~を増す」
addition 名 追加、足し算
in addition その上
in addition to ~に加えて

と、派生語や成句などが収録されている。

英単語を覚える目的は、文法問題や長文問題で「実際に使える」ようにすることが目的で、動詞の形で覚えていても他の品詞で出てしまうこともある。

大学によっては語形変化を問う大学まで出てきている。

英単語ターゲット1900では、単語のすぐ横に派生語・類義語・成句まで掲載されているので、これを活用しない手はないのだ。具体的な覚え方に関しては後述する。

 

 

②例文がある

例文がついているのは非常に助かる。

先述したが、「使えるレベル」にまでもっていくことが英単語の暗記においては非常に重要なのだ。ただ英単語を暗記してもダメ。実際に長文や文法問題で使えないとダメなのだ。

そこで例文が載っていれば、「日本語訳」の練習をしながら、その英単語が文章中でどのように使われているか?を把握していくことができるのだ。実際、1900もの例文を訳せるように訓練すれば、長文の練習にもなるので必ず行って欲しい。

意外にも、ターゲット1900を使っている学生で例文を使っていない生徒は多い。非常にもったいない。

 

ターゲット1900の覚え方

まず、大前提として何周も何周もすることを理解してほしい。1900も単語があれば、1~2回やったくらいじゃ絶対に覚えられないし、最低でも20~30周くらいしないと完璧にできない。

 

①まずは英語→日本語にできるようにする
②派生語・成句も覚える
③例文を訳せるようにする
④日本語→英語にできるようにする

 

ざっと述べると上記のようにターゲット1900を活用すると英語力が一気にあがるだろう。多くの受験生は①で終わってしまっている。

 

①まずは英語→日本語にできるようにする

まずは根性で頑張ってくれ。

とにかく1900の英単語を見てすぐに日本語の意味が答えられるようにしてほしい。

acquire → (時間をかけて)習得する

これを1900すべてできるようにするのだ。書く練習はしなくていい。英語を見て即座に日本語を答えれるレベルに持ち込んでくれ。

 

ペースとしては、最低でも1日30個ずつくらいはいきたいところだ。単純計算だが、64日で1900個が終わる。

何度も何度も復習をしながら進めていくので、最低でも1日1~2時間はかかるかもしれない。大体3ヶ月くらいを目標にするといいだろう。

 

 

②派生語・成句も覚える

あのホリエモンも大学受験の英単語を覚える時に、「派生語まで徹底的に覚えたほうがいい」と言っていた。

1900をほぼ完璧にできたら、次は派生語・成句も一緒に覚えてくれ。

1900すべての単語に派生語があるわけではないので、本気でやれば1~2ヵ月くらいで完璧に覚えられるだろう。

 

③例文を訳せるようにする

次に例文を訳す。

英文を見て、日本語に訳せればオッケー。訳せなかった文章だけチェックをつけておこう。

これをしっかりとこなすことによって、覚えた英単語が本文中でどのように使われているかわかる。そして長文読解の力もつく。

例えば、MARCHレベルの大学を受験する時に、長文を解く上で難しい単語が結構出てくる。ターゲット1900はそもそも比較的レベルの高い単語が多いので、長文とセットで勉強する意味は大きいのだ。

 

訳せない文章が無くなるまで繰り返そう。

 

④日本語 → 英語にできるようにする

「長文でできれば良いから別に、英語から日本語だけでいい」

という先生がいるが、それは合っている面もあるし、間違っている面もある。

何度も言うが、英単語帳を完璧にすることの難しさは「忘れてしまう」ことにある。覚えても覚えてもどんどん忘れていってしまうので、忘れないように穴を埋めていくことが重要なのだ。

 

そこで、英語 → 日本語 だけでなく日本語 → 英語に変換できることによって

知識の定着を計るのだ。1900すべての英単語をできるようにしなくても良いが、特に覚えられない単語は日本語→英語にできるようにしよう。

 

 

 

まとめ

 

英単語ターゲット1900紙ベースのメリットと覚え方について紹介した。

ただ英単語だけを暗記して満足する生徒がいるが、単語帳は徹底的に完璧に覚えて欲しい。

派生語・成句・例文も活用すれば君の英語力は飛躍的にアップするはずだ。

 

参考記事:カード版英単語ターゲット1900の覚え方

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*