こんにちは!

小学校を卒業した後の子供の進路として、中高一貫校という選択肢があります。

 

中学と高校の6年間を一つの学校に通うことで、大学受験の準備がいち早くでき、一生の友達を作りやすい環境などさまざまなメリットがあります。

 

都立中高一貫校とはいったいどのような学校なのでしょうか?

今回は、都立中高一貫校のメリットや評判などをご紹介させていただきます!

都立中高一貫校の特徴を紹介!

都立中高一貫校の入試試験は、私立中学で行われている科目別の入試試験とは異なり、適性検査が行われるという特徴があります。

 

適性検査というのは、中学校から2~3種類を受けなければいけませんが、どれも特定の科目の試験ではなく、総合力を試されるような内容となっています。

総合力というのは、学んだ知識を活かし、いかに課題を解決するのかが大事で、机上の勉強だけではない視点をもっておくことが大切です。

 

都立中高一貫校のメリットとしては、ほぼ無償で私立中学並みの教育環境で勉強することができ、

学校の校風にあうかを見るための、適性検査を受けて合格しているため、その学校にあう可能性が高いといえます。

 

また、都立中高一貫校は、適性しだいで小学校6年生からの勉強でも合格できる可能性があります。

小学6年生になってから都立中高一貫を考え始めたというひとも、チャンスがないわけではないので、

ぜひ受験してみましょう。

評判の良い都立中高一貫校は?

都立中高一貫校は現在、

小石川中等、武蔵高附属、両国高附属、大泉高附属、冨士高附属、桜修館中等、

三鷹中等、南多摩中等、立川国際、白鷗高附属10校があります。

 

これらの都立中高一貫校の中でも、特に評判が良いのが白鴎高等学校附属中学で、この都立中高一貫校は東大合格者を排出しています。

その他の9校も進学実績は最近上がってきていて、都立中高一貫の人気はますます高まっています。

 

都立中高一貫校には、中等教育学校併設型学校の2つの種類があります。

中等教育学校は、6年間一貫教育を行う学校で、前期課程が中学校に相当し、後期課程が高等学校に相当します。

一方、併設型学校は、中等教育学校に準じ、中学校と高等学校を併設する形態となっています。

 

中等教育学校は、生徒の募集が前期課程のみですから、6年間同じ顔ぶれのなか過ごすことができ、完全中高一貫校となります。

都立中高一貫校は、大学入試の実績も高いことや、授業料の面からも近年人気が上がってきています。

 

私立と都立を併願するのが一般的ですので、私立に受かった人は都立の受験に来ない可能性もあります。

ですので、実際の倍率はもう少し下がるものだと思われます。

ぜひ倍率におびえず挑戦してみてほしいと思います。

 

私立の中学を受験しないで、都立中高一貫校だけを受験するメリットとして、子供に与えるプレッシャーが少ないということがあげられます。

都立中高一貫校の入学者の選抜は、私立中学校とは異なり、適性検査となりますから、万が一合格できなかったとしても、適性がなかっただけと考えることができます。

都立中高一貫校に絞った勉強法としては、記述問題対策で、適性検査で400~600文字程度の記述問題が出題されますから、総合力をつけることが大切です。

 

記述問題以外の適正検査では、総合的な知識や考える力が問われますから、自分が興味をもったことを自分で調べるなど、自ら勉強する力を付けることが大事です。

自分で学ぶ力というのは、今後の人生でも役立ちますから、受験勉強を離れた後でも、取り組むようにしておくとよいでしょう。

高校に上がるのは簡単?

中高一貫校のメリットとしては、6年間というスパンでの継続が可能ということがあげられます。

通常なら、クラブ活動は中学校の3年間がすぎると、がらっと環境が変わってしまいますが、

中高一貫校であれば、6年間同じ環境で続けることができるということがあげられます。

基本的に高校受験が存在しませんから、ゆとりのある学校生活を送れるというのもメリットといえます。

 

全国の国公立すべてをあわせた中高一貫校は、約400校で、倍率の高い都立中高一貫校は10校あります。

 

ただ、ほとんどは私立が主流で、私立と公立では6年間で400万円ほどの差がでるといわれています。

 

私立の難関学校を受験する場合には、小学校の低学年のうちから対策をとる必要がありますから、

今後どうしたいのかを高学年になる前に子供とある程度話し合っておいた方がよいでしょう。

 

公立中高一貫校のメリットとしては、

・高い進学実績

・学校独自の教育方針

・学費が安い

こういった点があげられます。

 

意外かもしれませんが、近年公立の中高一貫校は、進学実績を大きく飛躍していて、

首都圏の公立中高一貫校の場合、6大学(早稲田、法政、明治、慶應、立教、東大)への進学を格段にアップしています。

 

その背景には、私立高校と同じように難関大学進学を重視して、熱心に受験対策を行う学校が増えてきたということがあげられます。

 

また、公立中高一貫校は、独自の教育方針を行い、それぞれ個性のあるカリキュラムを組んでいます。

そのほかにも、中学3年間は学費が無料で、高校3年間も公立の高校と同じ学費となっていますから、非常に学費が安いということもメリットとしてあげられます。

通常、私立の中高一貫校に通った場合、初年度だけで100万円はかかりますから、大きな差がでてきます。

また、公立中高一貫校は、授業料の安さだけではなく、大学進学の実績も高いので、理想的な進学先として人気となっています。

 

首都圏では5人に1人の子供が、中学受験をするといわれています。

そんな中、近年注目度が上がっているのが、公立の中高一貫校です。

公立ですから、学費は一般の中学や高校と変わりませんし、今までなら中学受験を考えられなかった世帯収入の家庭でも、公立中高一貫校を受けています。

 

ぜひ、都立中高一貫校の受験を考えてみてはいかがでしょうか。

 

筆者の友人もこの都立中高一貫校のどれかに通っていましたが、6年間部活を続けられて、

大学も希望する大学の学部へ進学することが出来たそうなので、きっといい学校だと思います。