大学受験の夏休みは受験の天王山!勉強時間を増やそう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
summer

夏休みは受験の天王山。周りのライバルは一体どれだけ勉強しているのだろう。と不安になりながら、遊びたい欲と戦わなければならない。

大前提として、現役で難関大学に合格する学生は、ほぼ例外なく長時間勉強している。

しかし、勉強時間を増やそう!と思っても、長い1日を無駄に過ごしてしまう学生も少なくなりだろう。今回は、「長い勉強時間」を達成するための秘訣と方法をお話ししたい。

 

夏休みの大学受験勉強について

まず夏休みが受験の天王山と言われる所以というか、夏休みの重要性について考えたい。

この点を理解すれば、夏休みを無駄にできないことがわかるだろう。

 

・学校の授業がない
・予備校や塾では重要な授業ばかり
・模試の範囲が広がる、受験生が増える

 

学校の授業がない

現役生にとっては、学校の授業がまとまって無い期間は受験前を除いて、夏休みだけであろう。

学校がある時間は、午前9時~午後3時程度までは時間がブロックされてしまうので、帰宅後、「自分の勉強」ができるのは、多くとの6~8時間であろう。

一方、夏休みであれば、その倍以上の時間を「自分の勉強」に充てることができる。

 

聞いているだけで、すべてを理解し、すべて覚えられる生徒であれば話は別だが、大学受験においては「自分で勉強する」時間を設けることは非常に重要だ。だから、その時間が確保できる夏休みは貴重である。

 

予備校や塾では重要な授業ばかり

予備校や塾にとっては夏休みは、「書き入れ時」だ。

学生がまとまって、集まる夏休みは予備校や塾も力を入れて授業を行う。特に予備校は夏期講習で多くの学生を集客できるため、授業のラインナップを増やす。

新しく入ってくる生徒用の「基礎講座」や浪人生用の「実践講座」の数を増やすため、学生にとっては自分のレベルに合った授業を選んで受講することができるだろう。

基礎を徹底的に固めるのも良いし、実践的な問題を解くことができる。
そういった重要な授業がまとまって受講できるのも夏休みだけだ。

 

 

模試の範囲が広がる、受験者が増える

 

8月になると模試の範囲が一気に広がる。

5~6月の模試では、特に理科・社会の模試の範囲は狭いのだが、8月には範囲が一気に広がり、受験者数が増えるのだ。

だから現役生では高校1~2年生の時の模試の結果は良かったのに8月模試で落ちてしまう生徒もいる。

 

今まで部活動や学校行事で模試を受けられなかった層も受けてくるのだ。

 

受験者数が増えるということは、正確な実力が見えてくるので、ここで良い結果を出しておくと精神衛生上良い。

 

 

なぜ、夏休みはダラダラしてしまうのか?

答えは簡単だ。

綿密で明確なスケジュールが無いからだ

 

夏休みはめちゃくちゃ勉強しよう!

なんて思っても、ついつい休憩時間に友人とおしゃべりをしてしまったり、息抜きのつもりで携帯をイジっていたら気づいたら1時間、食後に勉強をするつもりでも、テレビ番組を見てしまったり・・・

なんてことは良くある。非常によくあるのだ。

結局1日を振り返ってみた時に、正味で考えるとあまり勉強していなかった。

「明日は頑張ろう…」

しかし、次の日も同じことの繰り返し。夏休みが終わった段階で、自分がどれだけ成長したかもわからないということになってしまうのだ。

それもこれも

綿密で明確なスケジュールが無いからなのだ。

 

人間は弱い生き物であるから、自分で自分を律することができないのだ。

 

1日かけて夏休みの予定を立てよう

なぜ、せっかくの夏休みをダラダラしてしまうのか?の理由はわかった。

では、どうしたら解決するのか?と言えば、夏休みの初日に徹底的に細かい予定を立てればいいのだ。

 

スポーツでも強豪校は、綿密に計算された練習メニューを淡々とこなしていく。

勉強では、管理してくれる人はいないので自分で自分のメニューを作り、自分で淡々とこなしていかなければならないのだ。

 

夏休みの初日1日を丸々予定作りに費やしても構わない。

それくらい時間をかけても残りの39日の勉強効率が上がれば、まったく問題無いのだ。

 

では具体的な、予定の立て方についてお話する。

 

・勉強内容で予定を立てる
・こなせるかこなせないかギリギリのラインで予定を立てる
・時間が余ったら、復習を予定に追加する
・手帳やメモ張に書き込む
・フレキシブルに修正する
・予定を守ることにこだわる

 

勉強内容で予定を立てる

決して勉強時間で予定を立ててはいけない。英語1時間、数学2時間…といった時間での予定ではなく、

英単語ターゲット 30個ずつ
英熟語ターゲット 20個ずつ
ネクステージ 見開き2ページ

といったように、「勉強内容」で予定を立ててくれ。

 

こなせるかこなせないかギリギリの予定を立てる
結局、毎日勉強の効率をよくしていかなければならない。

しかし、効率をよくしていこう!キャパを増やしていこう!と思ったら、まずは多少の無理をしなければならない。限界を常に超えていくことによって効率は上がっていくのだ。

だから、多少無理と思える予定を立てて、なんとかこなしていくのだ。

 

時間が余ったら、復習内容を予定に増やす
勉強の効率がよくなってきたら、時間が余るかもしれない。その場合は、復習内容を増やしていってくれ。

もともとギリギリのラインで予定を立てているので、新しい内容を増やしてはいけない。周りの友人が良い参考書を薦めてきたら、ついつい買ってみたくなるかもしれない。

しかし、新しいことに手を広げずに、「現在取り組んでいる内容」を完璧にしていく作業の方が重要なのだ。

手帳やメモ張に書き込む
予め手帳やメモ張に学習する内容を書いてもかまわないし、ノルマが終わったら書き込んでいくのも良いだろう。

必ず書き込むことが重要だ。

書き込むことによって、自分が学習した内容の軌跡を一目で見ることができるし、「ノルマをこなす」プレッシャーが生まれてくる。

 

フレキシブルに修正する

完璧主義的な人に多いが、一旦予定が狂ってしまうとすべてが狂ってしまう人がいる。

そして途中でぐじゃぐじゃになっていき、結局どうでもよくなってしまう。

予定が狂ってしまう時は、予備校や塾の授業で予想外の宿題や課題が出たり、体調を崩す時だ。

 

そんな時でも、予定を臨機応変に変更する。というマインドを持っていれば修正が利く。

10日が経った段階で、残り30日の予定が少し変更してしまうとしてもすべてが無駄になってしまうよりははるかに良いだろう。

 

 

予定を守ることにこだわる
とにかく自分が立てた予定にこだわって毎日コツコツと勉強してほしい。

先述したが、人間は弱い。自分で自分を律することができない。だからスケジュールを立てて、自分を律する仕組みを作らなければならない。

その作った仕組みを稼働させて、毎日長時間勉強できるように着実にこなしていくのだ。

 

 

まとめ

夏休みは受験の天王山。

人間は弱いから、夏休みに長時間勉強しようと思ってもなかなかうまくいかない。

予定という仕組みを作って、自分を律していってほしい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*