勉強中におすすめの音楽!洋楽でリスニング力がつく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
earphones

こんにちは!

勉強サークルです。

 

 

皆さんは勉強中に音楽は聞きますか?

この記事の筆者はよく聞く方でした。

通学中や自宅学習のときなどに聞いていて、集中した環境で勉強することができました。

音楽は脳をリラックスさせる効果があると言われているので、集中力を上げるためには効果的だと言えます。

 

しかし、後にも書きますが、逆に音楽が集中を妨げてしまうこともあります。

脳のリラックス効果も個人差がありますので、自分がリラックスできる曲を探してみてください。

 

音楽と集中力に関しては大きな影響があると言われています。

この記事ではその関係についてもまとめていきます。

また、私が実際に聞いて良いと思った勉強中におすすめの音楽をご紹介させていただきます!

 

 

勉強中に音楽を聴くのは効果的?

music

 

結論から言うと、効果はあります。

ですが、私が思うにあくまでも「集中した環境を作り出すためのきっかけ」であり、音楽を聞くだけで成績が上がるということではありません。

学校や自宅などで勉強をする人が多いと思いますが、どこに行っても一人きりの空間は確保しづらいでしょう。

 

周りには生活音があふれており、なかなか集中できないという人には音楽を聞くことをおすすめします。

周囲から雑音を取り除いて、自分の勉強のペースに持っていくことができます。

 

また、タイトルにもあるように、特に英語を勉強している人には洋楽を聞くこともおすすめします。

洋楽を聞くとメロディーに合わせて発音を練習できるからです。

ただ、この場合はあまり癖の強い歌い方の曲を選んでしまうと、英語リスニングの効果が薄れてしまうので注意してください。

あくまでも勉強のための音楽です。

音楽を心地よく聞くための勉強ではありませんので、その点は注意してくださいね。

 

後でおすすめの曲も紹介しますので、チェックしてみてください!

 

 

勉強中に聴くと良いおすすめジャンルは?

私がおすすめするジャンルは「BGM」です!

つまり歌詞がない曲をおすすめします。

なぜなら、歌詞があるとそちらに気を取られる可能性があるからです。

 

問題を解いていて、せっかく解き方を思いついたのに、それを書こうとしたら音楽のサビにのってしまって何を書くか忘れた・・・なんていうのはもったいないですよね。

そういったことを防ぐためにもBGMは非常に有効でした。

 

私はよく聞いていたのは映画のBGMですが、今はネットで「作業用BGM」や「癒し メドレー」と検索すればいくらでも曲は見つかります。

その中から自分の好きな曲をぜひ探してみてください。

ちなみに、BGMであればどんなテンポのものでも良いと思います。

 

私はリラックスして勉強するために、なるべく静かでゆっくりの曲を聞いていました。

個人的なおすすめはジブリのBGM集です。学生時代は、どこで勉強するにもまずはジブリから聞き始めていました。

さらに、英語のリスニングには洋楽も効果的です。

 

上でも書きましたが、あまり癖の強い曲は避けた方が良いでしょう。

よくおすすめされているのはDaniel Powterの「Bad Day」やBilly Joelの「The way you are」などです。

もちろん他にもおすすめ曲はありますが、私はこの二曲は洋楽の中でもはっきり発音が聞けたため、特に英語学習初心者におすすめします。

本来は英語学習者向けのテキストなどのCDを聞く方が良いのでしょうが、ただ淡々と学習が進んでいくだけなので抵抗がある方もいると思います。

そういう方は、まず洋楽のリスニングから始めてみてください。

きちんと歌詞を見ながら何度も繰り返し聞くことで、ネイティブスピーカー特有の発音に慣れるはずです。

 

しかしここでも注意点がひとつあります。

勉強をする際に音楽が聴きたいからといって、勉強中に自分にあった音楽探しばっかりしていると、時間がロスしていってしまいます。

一日のうちでのロスは大したことはないでしょうが、それが何日も積み重なると何時間もの間音楽探しに時間を当ててしまっていたということになってしまいます。

その点は頭に入れておいてくださいね。

 

 

音楽が集中を邪魔する場合もある?

これまで音楽は勉強に聞くのが良いと書いてきましたが、実はデメリットになる場合もあります。

それはある程度の時間勉強してしまってから音楽を聞くときです。

 

勉強を始めるときから音楽を聞くなら勉強中でもリラックス効果は期待できますが、ある程度の時間勉強してしまうと、既に集中状態にあるため音楽がむしろ雑音になりかねません。

そういうときはもう音楽を聞かずに勉強を進めてしまった方が良いかもしれません。

 

また、これは個人的な意見ではありますが、科目によっても音楽が集中を邪魔してしまう場合があります。

私の場合は暗記科目を勉強しているときです。

例えば日本史を勉強していて、自分なりに語呂合わせを考えているときや必死に内容を頭に覚えこませようとしているときに、音楽が聞こえてくると気が散ることがあります。

もちろん全ての人にあてはまることではありませんが、無理して音楽を聞こうとしても逆効果になることがあるのは覚えておいてください。

 

自分が良い集中状態を作り出せるような音楽を聞くようにしましょう。

「あっ、、今音楽で集中が乱されているからこのまま音楽を聴いていてはダメだな」と自分を客観視しながら、集中状態をよく考えながら学習を進めてくださいね。

その考えを常に持っておくだけでも、最終的に大きな差が生まれることでしょう。

 

 

まとめ

このように、勉強をするときに音楽を聞くことは、集中するには非常に効果的です。

私は今回BGMというジャンルをおすすめしましたが、普段から聞いている好きな曲で全く構いません。

 

英語のリスニング力を高めたい人は、好きな洋楽曲を増やせば勉強中だけでなく通学中や勉強のちょっとした合間などに聞くことで、時間の有効活用と英語力向上の一石二鳥を狙うこともできます。

アーティストによっては若干発音が違ったりするので、なるべく色んなアーティストの曲を選んだ方がいいと思います。

勉強は長時間机に向かうことが多く、モチベーションの維持も大変です。

だからこそ、そういうときに音楽の力を借りてみてはいかがでしょうか。

 

音楽の力を借りつつ、集中を維持して最高の結果を出してくださいね。

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*