地方大学のメリットって?地方ならではの魅力を紹介!

地方大学のメリットは何でしょうか。

 

地方ならではの利点をわかりやすく説明します。

 

まず、中央都市に行かなくてもいい理由付けがしっかりしていればいいのです。

 

自分で納得する理由があればぶれません。

どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

地方大学進学の利点は?

 

地方大学進学の利点はなんでしょうか。

 

それは、実家が近い、友人が近いといった、距離的な・地理的な意味が大きい要因のひとつです。

 

ですが、こういったものとは異なる動機づけで地方大学進学を望むならば、守りの理由ではなく、攻めの理由を持ちましょう。

 

攻めの理由付けとは、地方のこの会社に就職したい!というような他人にとらわれない考え方のことです。

 

大学へ行くのは、就職するためと決めていれば、東京のハードな過密地域よりも、今こそ地方!のような、無理やりの掛け声も自分自身の中で必要です。

 

ですが、実際、地方都市の為に地方都市に居る人もいるのです。

 

それが、事業の意味であれば、その意味で地方を愛することがその人には理由で通っているのです。

 

たとえば、海岸地区での、これからはアジアだと言っている人がいるとして、貿易港が近いからという意味の通る攻めの理由を持つ人もいます。

 

地方大学ならではの魅力は?

 

そもそも首都圏にある大学が全てにおいて一番いいということはありません。

 

大学進学を機に上京したい、という夢がある場合はもちろん東京の大学を目指すのは素晴らしいことです。

 

しかし大学に進学する動機づけが「酪農・農業を詳しく学びたい」という場合なら、北海道大学には専門の学部があるので最も適当となります。

このように自分の大学に行く理由によっては東京の大学でない方がよい場合があるのです。

 

また、地方の国公立大学、特に旧帝大と呼ばれる大学は非常に学力が高いのが特徴です。

東京の学生もそういった旧帝大を受験するため倍率は高めですが、それでも東京の人気私立ほどの高倍率ではないことから、確実な学力があれば十分合格を狙えることになります。

 

さらに、わざわざ東京に出なくても、近くの地方都市にこのような大学があれば、実家から離れることによる不要な出費を抑えることができます。

 

東京は非常に人口が多いため、一人暮らしをするためのアパートが限られていることがあります。

場合によっては大学から離れたところにせざるを得ない場合もあります。

 

こういった問題がある程度解消されます。

 

また、地方大学ならではの魅力は、やはり、交易都市であるなら、国際文化です。

逆に観光都市であるなら、サービス業です。

 

そのほか、農業都市であるなら、農業の新ビジネスです。

 

大学にはあたらしい学問がいつもありますので、それを具現化し、努力していく基礎を磨く場所だと言えます。

 

つまり、今ある地方都市の現状から打破して、自分のやりたい職業や、その地方都市の中にいての攻めの夢を持つことです。

 

中央都市に引けを取る必要は全くないのです。それは、ただ海が好きだという理由でもかまいません。

その上で、海上貿易に携わりたいとおもえば、地方都市での貿易商という道もあるのです。

 

もし、それが横浜であれば、専門大手商社になりますが、大企業と中企業の働き加減の意味は違います。

もし、給料という事の実質で考えるのなら、さほど変わりはないのかもしれないです。

 

そして、より自由の利く働き方と、自分の力を活かして、この会社の一員として盛り上げていきたいと思うのなら、上への望みは早いでしょう。

 

また、地方色というものがあります。

 

たとえば、関東出身の方が、沖縄が好きでたまらず、沖縄で仕事を初めているということはあります。

 

しかしその手っ取り早い方法は、やはり、沖縄の大学に行くことでしょう。

それは、北海道でも同じです。北海道が好きだという理由が、北海道で就職したいという前置きで、北海道の大学に通う事は賢い選択です。

 

親御さんがいらっしゃれば、後押ししてくれるでしょう。

土地柄や、土地勘というものは、捨てきれないものがありますが、地方都市から地方都市に大学進学することも、大きな選択肢のひとつです。

 

実際中央都市は過密状態から抜け出したいと、ずっと以前から考えているのです。

 

その地方都市の中に混じって、生活していくときに、その地方の人たちの性格が合うということも、大きなメリットです。自分のホームタウンとしての地方都市の意味より、もっとアグレッシブな地方大学の選択方法です。

 

そして、親元を離れた時に、地方大学と準就職を味わってみるのは、人生で大きな経験となるでしょう。

 

 

 

地方大学だと不便なことはある?

 

地方大学で不便なことはあるでしょうか。

 

日本は全国規模で展開している大企業とそのサービスが多いので、地方都市に居て生活に不便を覚えることはあまりありません。

そして、その環境での地方大学ですので、交通の便利さえあれば、地方都市のほうが実はメリットは大きいと言えます。

 

 

 

学生生活とは少し異なりますが、地方大学だとバイトをする際の時給が低いことがあります。

 

場所によっては東京都と比べると最低賃金で100円以上ズレる場合もあります。

 

これは大学生にとっては非常に大きな問題です。

 

大学生は何かとお金がかかるもので、サークル費や交通費、食事代と出費がかさみます。

とはいえバイトばかりしていると大学の勉強がおろそかになり単位を落としてしまいかねません。

 

1日にバイトに割ける時間は限られているので、時給は高い方がいいに決まっているわけですね。

 

そういった面で東京の大学生と比べると不利な点があるでしょう。

 

 

まとめ

地方大学は、地方にあるので地方大学と言われますが、最近では、中央都市にある大学が、地方に大学を置いていることもあります。

 

つまり、地方に居なくては、将来の産業の中で働く、有能な人材を育成できないという理論です。

 

なので、地方の大学の方としても、中央の都市にある最新の学問を提供します。

つまり、関東の大学でなければいけない理由は、あまりなく、優秀な学業を修めるコースがあれば、地方であって充分問題ないという訳です。

 

企業の方としても、東京にある企業でさえ、地方から、地方大学出身者の優秀な人と話をしてみたいと思っているのです。

 

昨今では、ダイバーシティという言い方で、企業の中においても多様性を持とうとする理論が通ってきています。

つまり、凝り固まった同じような人たちからは、何も生まれてこないという事です。

 

その代わり、個性や、地域色のばらばらな中からのミーティングで、新たな全国展開のサービスを思いつくなど、企業にとっては得点が多いのが、地方大学と時代は変わってきています。

 

これは、社員枠の中の話ですが、たとえば、土地柄を身に着けるという、作業は、その都市の住人になってみないとわからないということがあります。地方都市の意味は、その地方に生きる人たちの雰囲気が醍醐味なのです。

 

画像:http://www.sapporo.travel/find/culture/hokkaido_university/