大学受験でかかる費用の平均はいくらくらい?

こんにちは!

秋も深まってくると、そろそろ来年の入試で受験する大学を決定する時期となります。

大学受験というと、人生の大きな分岐点の一つですが、なかなか受験勉強のイメージがわかず、勉強をスタートできないという人も少なくありません。

 

大学受験においては、もちろん効率的な勉強法も大切ですが、受験するためにはさまざまな費用がかかることも知っておく必要があります。

受験料、受験地までの交通費、受験地が遠方だった場合の宿泊費など…

 

今回は、受験にかかるさまざまな費用相場などをご紹介させていただきます!

大学受験でかかる費用の平均は?

大学受験を受けるにあたり、気になることの一つにお金の問題があります。

 

特に、無事合格したとしても、その後の大学進学にかかる費用は家計にとっても大きな負担となります。

 

大学を受験するためには、まずは願書を請求しなくてはいけませんが、私立大学の願書は平均すると1通500~1000円となっています。

 

また、郵送で願書を請求する場合には、さらに郵便代もかかりますし、志望校が絞りきれずにとりあえず願書だけ請求しておこうと考えてしまうと、

さらに金額がかかってしまいますから、願書を請求する頃には、志望校を絞っておくことが大切です。

 

大学受験にかかる費用としては、受験料のほかにも、交通費や宿泊費などもかかります。

 

受験料はセンター試験が、3教科以上受験で1万8000円かかりますし、国公立大二次試験が1万7000円、私立大一般型で3万5000円かかります。

もし、国公立大2校と私立大2校へ出願した場合、受験料だけでも12万円かかる計算となります。

 

学費の準備はしているという場合でも、この受験料にかかる費用まではなかなか計算していない人も少なくありませんから、事前に十分検討しておく必要があります。

 

そのほかにも、遠方の大学を受験する場合には、受験料以外にも交通費や宿泊費が必要となります。

これらの費用は、受験する大学の所在地や受験校数によっても異なりますが、遠方の大学を受験する場合には、相当な額が必要となります。

 

遠方から東京にきて受験する場合、平均23万9400円がかかるといわれていますから、受験費用もしっかりと計算しておく必要があります。

 

私は地元が地方であったため、私大の受験はほぼ県外に出ての受験でした。

明確にいくらとかは覚えていませんが、3回ほど県外に出て受験をしたため、3回分の往復特急列車代と3回分の宿泊費がかかっています。

 

そのため、地方出身者は都会の大学を受験する場合、受験料以外の費用が多くかかるということも気にしなくてはなりません。

 

 

私大は受験料だけで〇〇万!?

 

大学入試というのは、1校受験するだけでも費用がかかりますが、

最近の傾向としてはいくつかの大学を併願することが一般的となっていますから、当然受験にかかる費用はかさんでしまいます。

 

受験にかかる直接的な費用には、願書代と受験料があります。

 

私立大学の場合、願書代は1000円程度というところが多く、受験料は平均3万5000円となっています。

 

医学や歯学系の場合、さらに高額となる場合がほとんどです。

 

ただ、センター利用入試であれば、受験料は1万5000~2万円となりますから、センター試験を利用した方が、節約することができます。

 

たしかにセンター利用入試を利用すれば、節約することはできますが、

センター利用入試の出願はセンター試験が終わる前に出願しなくてはなりません。

したがって、めちゃくちゃセンターで失敗した場合に、センター利用入試しか出願していないと、後がなくなってしまいます。

 

そのため、私大は結局センター利用入試も出願するが一般入試も出願するという人が多いように感じられます。

 

私は、私大3大学5学部6学科(センター利用+一般入試)を受験しましたが、私大の受験料だけで30万近く行ってしまい、親に申し訳なかったな…と思います。

また、医学系になると、私の友人ですが、私大医学部を10校程度受験し、受験料だけで100万円ほどかかったといっていました。

 

文系と医学系ではこんなにも受験料が違うので注意です。

大学受験の費用を抑えるための工夫は?

大学入学の初年度には、受験費用から入学金・授業料などもっとも教育費の負担が重くなる時期です。

中でも、受験にかかる費用は、事前にしっかりと計画を立てておかないと、意外と高額になってしまいます。

 

受験大を決める際には、受験する大学や学部、方式のすべてについて受験料や日程、試験会場までの交通費などを調べておくことが大事です。

私立大学の場合は、センター試験利用入試の方が、受験料を抑えることができますから、うまく利用するとよいでしょう。

また、学部統一入試の場合、複数の学部を受験すると、受験料が割り引きになる大学もありますから、きちんと調べておきましょう。

 

国公立の地方試験を受ければ、大学の所在地以外でも受験することができますから、交通費や宿泊費を節約することができます。

 

せっかく大学に合格しても、指定期日までに入学手続きを行わないと、入学資格が無効になってしまう場合があります。

私立大学の場合は、合格発表日から1週間~10日後に入学手続きの締め切り日が設定されていることが多いので、

受験料だけではなく、入学手続き時の費用も準備しておく必要があります。

 

入学手続きの際には、30万円前後の入学金などを支払う必要があり、その後も上位の志望校に合格していて入試を辞退しても、

入学金は返還されませんから、なるべく志望順位の低い大学の入学手続き締め切り日の前に、

志望順位の高い大学の合否がわかるようにしておくことで、入学金の支払い重複を避けることができます。

 

もし支払い重複をしてしまうと、2つの大学に30万円前後、つまり計60万円前後支払うということになるので、結構痛い出費ですよね。

 

大学受験を考えるとき、複数の大学を受験した方が、どこかに合格する確率が高くなるから良いだろうと安易に考えている人もいるかもしれませんが、

それには、必ず何らかの費用がかかってしまいます。

 

なるべくコストを抑えたいという場合には、志望校を絞りしっかりと計画を立てておくことが大切です。

滑り止めとしていろいろな大学を受験する人もいると思いますが、もしその滑り止めの大学に行く気が全くないのであれば、

お金がかかってしまいますし、受験しない方がいいともいえます。

 

無事大学に合格しても、入学金が払えなければ無効となってしまいますし、下宿生であれば、家賃や新生活用品代も必要となりますから、きちんと準備しておきましょう。

 

大学から一人暮らしをするという人は意外と費用がたくさん掛かるので、その辺も受験が終わったらすぐ親と話し合い、相場を確認してみるのもいいでしょう。

 

今回は以上です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。