中学校定期テストの国数英社理の計画と勉強方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
school

定期テスト、それは中学生にとってかなり大きなイベントだ。その時点での自分がどれだけ勉強に対して理解が出来ているかが如実に表れ、地域によっては1年生や2年生でも入試に使われる材料になるから気が抜けない。

勉強が好きで得意な子であれば自分からどんどん勉強し、自分なりのテスト勉強のスタイルが確立できるだろうが、そうでない子にとっては何をどうするのか、ということから分かっていないのではないだろうか。

本記事では定期テスト前の勉強の計画方法、そして国数英社理の5教科で高得点を取る勉強方法についてまとめてみた。

是非参考にしてもらい、よりよい結果を得てもらうことを願うばかりだ。

 

事前計画

テストで高得点を取るためにはテスト前にどれだけ準備できるかにかかっている。

ただ単に勉強したからと言って、それがそのまま成績に繋がるとは限らない。

最短・最速かつ効率的に勉強を進めることが何より重要なことになる。

効果的にテスト対策を進めるには、まずは計画を立てることが何より必要だ。

以下の記事を参考にして、まずは最高の計画を立てて欲しい。

定期テストで450点を突破する効果的な3つの計画法則

 

勉強方法

計画が立てられたらあとはそれぞれの教科を勉強するだけである。

中学生の勉強内容は、覚えてしまえば解けるものがかなりたくさんある。

そのため、基本事項を覚え、繰り返し繰り返し、

頭の中に完璧に問題が入るくらいまで解き込む必要がある。

それは数学でも英語でも、理科でもどんな教科でもそうだ。

ワークの問題を見れば、答え、考え方、解き方など

一瞬で分かるくらいまでやり込んでいこう。

具体的な教科別の勉強方法は以下の通りだ。

 

【国語】

中学定期テストの国語で圧倒的に点数をあげる3つのステップ

 

【数学】

定期テストの数学で90点以上を突破する3つのステップ

 

【英語】

英語の定期テストで90点以上を獲得する4つのポイント

 

【理科】

中学校の理科の定期テストで90点以上をもぎ取る3つの秘訣

 

【社会】

中学校の定期テストの社会で90点以上を取る3つの方法

 

 

まとめ

教科ごとの勉強方法に若干の違いはあるが、

①基礎事項を完璧に暗記

②学校のワークをやり込む

→解き方や思考方法が問題文を見たら一瞬で浮かび、

解答ができる

③市販の問題集や塾のテキストなどを解いて仕上げる

こういった流れで大筋は問題ない。

理科や数学で多いことだが、もしわからないことがあったら

素直に学校の先生や塾の先生に質問をして、

分からない箇所を分かるようにしていこう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*