マーチ(MARCH)の特徴は?レベルは?詳細を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!

そういえばマーチ大学とは、私立大学の難易度で早慶上智の次に来る大学が、マーチです。

学部などにより大学の偏差値の上下は微妙にあるものの、大学が全体としての偏差値を平均で評価すると、次の順番になっており、おおむね60以上の偏差値が必要と言われています。

マーチ、いわゆるMARCHとは、明治大学のM青山学院大学のA立教大学のR中央大学のC法政大学のHで構成された用語です。

関西の関関同立といわれる、関西、関西学院、同志社、立命館、と並べて紹介されることもあります。

それぞれ首都圏及び関西の難関私立大学という位置づけをされています。

 

 

マーチ大学のそれぞれの特徴を紹介

MARCHとは関東の有名私立大学5校を指した言葉で大学受験や就職活動に使われる略称です。

M明治大学、A青山学院大学、R立教大学、C中央大学、H法政大学の5校です。

それぞれの特徴についてまとめていきましょう。

 

まず初めに明治大学の特徴です。

明治大学は現役高校生志願度調査などで文系、理系が男女の全ての部門で第1位を占めるなど絶大な人気を誇っている大学です。

都心部を中心にキャンパスが4つあり、東京六大学野球などの運動のイベント関連でも盛り上がりがある学校が特徴です。

 

青山学院大学の特徴は、文系学部は渋谷にキャンパスがあるミッション系の大学になります。

渋谷に位置するため若い学生に非常に人気があり、特に女子学生に大きな人気を持っておりブランド力も高いところが特徴となります。最近は箱根駅伝も連破しており有名な大学です。

 

立教大学の特徴は、文系学部は池袋にキャンパスがあるミッション系の大学です。

立教大学、キリスト教学は他のミッション系の大学と違い神学でなく、宗教学であるところが特徴です。

それから留学生の数が多く、国際交流が盛んな点も有名な特徴となっています。

 

中央大学の特徴は、もともとは法律学校として設立された大学で、法曹界や政界、財界に多くの卒業生がおり、司法試験の合格率に高い実績が特徴です。

欧米や東アジアの大学を中心に数多くの、派遣留学協定大学があることも特徴です。

 

法政大学の特徴は、学部数が非常に多くあり、グローバルなキャリア形成に力を入れている大学で留学の制度が充実している大学です。

 

 

どの大学のレベルが高い?

MARCH大学の中の序列は学部の違いがあります。

一般的に皆さんの意見が一致すると思いますが、それと実際の特徴とは微妙に違うかもしれません。

MARCH内の順位は私の意見では立教大学と明治大学は殆ど同じくらいで、少し下が、青山学院大学で、少し下に中央大学と同じくらいで、法政大学くらいだと思います。

 

10年前くらいと比べると、明治大学が上がってきて、中央大学が少し下がってきています。

中央大学は看板学部の法学部の偏差値もやや落ち気味で、MARCH最上位であった、中央大学、法学部もそのイメージが変わりつつあります。

法政大学は学部を増やしてきており、時代の流行やニーズに合わせた経営をしている印象です。

それでも、以前よりは偏差値が少し上がってきた感じがします。

最近は中央大学と法政大学は結構レベルも近いです。

 

MARCHの順位は学部によっても変化します。

例えば、MARCHの文学部順位は明治大学の下に、立教大学の下に、青山学院大学、その下が法政大学、その下に中央大学だと思います。

MARCHの文学部の順位や序列も学科によっても違うのですが、ひとまとめにはできません。

MARCHの法学部の順位は中央大学の下に、立教大学と同じくらいで、明治大学で、少し下が、法政大学で、少し下に青山学院大学ですよね。

MARCHの法学部の順位は中央大学が、当然トップだと思いますけど、今後入れ替わる可能性もありそうです。

 

このようにMARCHでひとまとめにされることが多いですが、実際の順位は学部によって変わるというのが現状です。

そのため、それぞれの大学の特徴を捉えておくことが重要なのです。

 

 

オープンキャンパスで自分にあった大学を探そう!!

皆さんが、志望する大学、・短期大学、専門学校を実際に見て回り、オープンキャンパス、に参加することで、志望する大学の教育環境や校内の雰囲気、学ぶ学科のイメージがつかめます。

体験入学には実際の授業や講義を体験できるのと、図書館や学食などの施設を見学できるなど、大学選びに役立つことがたくさんあります。

同じ学校でも学ぶ学科や分野が違えば、その中身も異なります。

パンフレットやウェブサイトなどでは分からない現場のリアルな情報が得られます。

学校ごとに強みやポイント、授業の雰囲気やどのような先生がいるのかも分かるので、気になる学校にはぜひ行ってみることをおすすめします。

オープンキャンパスや体験入学の際には、入試に関する説明会などが合わせて実施されることも多いため、事前の大学入試対策として参加してみてください。

いくつかの学校を見比べることで、自分自身が本当にやりたいことや行きたい学校が見つかることがあると思います。

 

 

まとめ

まとめますと、MARCH の大学には、学部による偏差値があったりして、入りやすい大学や、自分自身が勉強したい学科をよく確認して、どんな先生のもとで、勉強したいかを、試すことができる場である、オープンキャンパスを活用することが大切です。

当然ですが、自分にあった勉強をできる大学を選ぶための参考にしていただければ幸いです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*