現代文単語暗記におすすめのテキストは?使い方も紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
writing

こんにちは!

勉強サークルです。

 

 

文系の学生で国語を勉強していないという方はいないでしょう。

国語の勉強は文章に関してが多いですが、その文章を読むためにはまず単語の意味を知っていないといけませんね。

英語の文章を読むときと同じで、まず単語を知らないと文章を読むどころではありませんね。

そのため国語の勉強をする際に現代文単語も合わせて勉強している人も多いのではないでしょうか。

 

さて今回は、苦手な方はとても苦手な現代文単語の学習についてお話したいと思います。

 

 

現代文単語暗記におすすめのテキストは?

現代文単語は、国語読解問題の意外な落とし穴になります。

国語は普段私たちが接している言葉のため、読解問題の文章も何となく読み過ごしていることが多いです。

しかしその中に使われている言葉を厳密に理解しておく必要があります。

 

言葉の意味をテストや試験で直接問われることは、国語の試験の中で数問あるかどうか程度です。

読解問題の中で間接的に問われることが多く、単語の意味を曖昧にしておくと、思わぬ落とし穴におとされ大きく得点を落としてしまうことにもつながりかねません。

そこで、現代文の読解問題の演習と別に、単語暗記用のテキストを用いることが重要です。

 

単語暗記用のテキストは、頻出の現代文単語をジャンルごとにまとめているものが多く、国語辞典のように言葉の意味を調べ、単語帳のように暗記学習するのに向いています。

特におすすめのテキストは、河合出版の「ことばはちからダ!現代文キーワード」です。

text

このテキストは、現代文学習において必須となる頻出語句の意味をわかりやすい日本語で解説してくれます。

現代文が苦手な方にも読み馴染みやすく、言葉の意味を素直に頭に残すには最適です。

 

現代文の単語暗記にはやはり一冊単語帳を持っておいた方が良いでしょう。

現代文の勉強も英語の勉強と似ていて、単語の意味を覚えてから長文を読めるようになるという順番です。

この順番や英語と国語の似ている点などを探しながら単語を覚えていくと効果的かもしれませんね。

 

 

現代文単語暗記のテキストの使い方は?

それでは、現代文単語暗記のテキストはどのように使用するのが良いでしょうか?

おすすめは、「ながら学習」です。

 

「ながら学習」とは、現代文の演習問題を読みながらテキストを利用する方法です。

まずは、演習問題を制限時間つきで、自分の知識のみで解きます。

次に、分からない単語にマークをつけ、現代文単語暗記のテキストで調べて意味を理解します。

その後、もう一度問題を解き直します。

その状態で採点し、演習テキストの解説を読み復習します。

 

こうすることで、ひとつの文章の意味を深く理解し、文章の文脈の中で単語の意味を理解することができます。

英単語でもそうですが、単語を細切れの言葉として理解するよりも、文章を多く深く読み込むことで、どんな文脈の中でその単語が登場し、どのように使用されるのか一緒に理解することができます。

さらに、現代文単語暗記のテキストには、一度調べた単語にチェックやマークをつけると効果的です。

つけるマークは、1度目引いた時と、2度目、3度目に引いた時とで変えるとより良いでしょう。

 

暗記用テキストにチェックをつけることで、その単語がどれくらい頻出しているのか、自分がどれくらいその単語が苦手で覚えづらいのか、理解しながら学習することができます。

単語の暗記には、とにかく、何度もその単語に文章と一緒に触れることが重要です。

 

 

現代文単語暗暗記にどのくらいの時間を割くべきか?

「ながら学習」で、読解演習の中で、単語を調べながら学習する方法についてお伝えしましたが、単語そのものの暗記にはどれくらい時間を割くべきでしょうか?

おすすめは、ゼロ時間

単語を暗記するために時間を割くことはやめるべきでしょう

 

現代文単語は所詮日本語なので、普段日本語に接している方であれば、調べているうちに自然に頭に入ります。

わざわざ単語帳のように、単語の意味を丸暗記するより、その時間にひとつでもふたつでも、文章題を解いて多くの文章に触れたほうが得策です。

先程も述べましたが、単語は、単語帳で丸暗記するよりも文脈の中で、どのような使われ方をするのか理解しながら覚えることが重要です。

 

単語そのものの意味を押さえただけでは、現代文入試の大部分を占める複雑な選択問題を解くことはできません。

英単語であれば、基本単語を機械的に覚えておく必要があるかもしれませんが、現代文単語については、かならずしもその必要はありません。

電車に乗っている時間など、暗記に費やすことができる時間がある場合、英単語の暗記に時間を費やしたほうが有意義でしょう。

 

 

まとめ

現代文単語は、意味をあいまいに理解しているだけでは、言葉の綾に惑わされ得点を落とす要因にもなりかねません。

ただ、言葉の丸暗記に時間を費やすよりも文章の中で言葉を理解するほうが効果的なため、現代文単語暗記のテキストで、演習問題の中の言葉を調べながら、読解する「ながら学習」がおすすめです。

長文で出てきたものを暗記していくことによって単語を覚えていくという方法です。

これによって単語がどのような文脈の元使われるのか、どれくらいの頻度で単語が出てくるのかなどを視覚的に捉えることができます。

是非現代文の単語を暗記する際にはトライしてみてくださいね。

 

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

画像出典

:http://xn--8pr038b9h2am7a.com/portfolio/%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%B0%E3%81%AF%E3%81%A1%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%80-%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%87%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%EF%BD%9C%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%87-2

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*