群馬県高校入試制度まとめ【内申点・一般・推薦】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

受験情報今回は群馬県の高校入試制度をまとめる。

【概要】

高校数:71校
倍率:1.19倍

内申・一般入試・推薦入試など

 

〇内申点の計算方法

内申点は中学1~3年生。9教科の成績を5段階にて評定。

〇一般入試

【前期選抜】

すべての高校で実施。平成28年度入試までは、志願理由書、面接、作文、小論文、総合問題、実技問題など各高校が定めた試験の中からの入試。

平成29年度入試から英語・数学・国語の3教科の学力検査が導入。3教科の試験に加えて、各高校が定める面接・作文等。

 

【後期選抜】

学力検査5教科500点 + 内申点で合否を判定。

多くの高校で面接も実施。

高校によってはA選抜、B選抜と2つに分けているところもある。

 

〇推薦入試

平成29年度より前期試験に3教科学力検査が導入されるため、実質廃止。

 

 

まとめ

内申:中学1~3年生
一般入試:前期試験と後期試験
推薦入試:実施しない

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*