定期テストの数学で90点以上を突破する3つのステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
math

中学生の定期テスト問題は難しい。テストが近づくごとに、「やばい!」、「今回どうしよう!ぜんぜんわからない。」といった言葉を発していないだろうか?テストの中でも『数学』は不得意な生徒が多い科目である。

そのため、勉強を後回しにしがちになり、テストでも後塵を拝す・・・といった経験はないだろうか?しかし、数学は英語に比べて『一度やり方さえわかれば点数がとりやすい教科』である。

今回は定期テストに向けてどのようにして90点以上を目指していくのか、ということを3つのステップに分けてご紹介する。

 

なぜ数学がわからなくなるのか?

数学にはさまざまな単元があるが、すごくおおまかに分けて2つの分野しかない。

①計算分野

②図形分野

以上の2分野である。

計算分野というのは、計算問題、方程式、関数、資料問題といったもので、

図形分野は作図、証明というものである。

 

分野ごとの得意・不得意はもちろんあると思うが、計算分野と図形分野に共通したものとして、

「計算」

がある。

図形分野に関しても、面積計算、体積計算、辺の長さを求める、円周角の計算など、

さまざまな計算問題が出題される。

計算がわからない状態であれば、計算分野であれ、図形分野であれ理解できなくなってしまう。

以上のように『計算』が出来なくなってしまうことが、そもそも『数学』が出来なくなってしまう第1原因である。

そのため、数学がぜんぜんわからないという場合は、まず第1に計算から見直してほしい。

計算に関していえば、

1年生の正負の数の計算、文字式の計算、方程式の計算

がわかれば2年生と3年生の計算も太刀打ちが可能となるので、ここから勉強しなおしていこう。

逆に言えば、これらの単元が自力で計算できないと、この先自力で問題が解けなくなる。

どうしても自分で計算問題が理解できない!という場合は、塾や家庭教師の先生、もしくは問題集などを買って

対策をしていこう。

 

参考記事:中学生の親向け!失敗しない塾選び3つのポイント

 

具体的に定期テストに向けてどのように計画を立てたらよいか、ということに関しては

以下の記事を参考にしてほしい。

 

参考記事:定期テストで450点を突破する効果的な3つの計画法則

 

それでは早速定期テストに向けて数学で90点以上を取る3つのステップについてみていこう。

 

ステップ1:基本的な問題の解き方を教科書を見て確認する

テスト範囲が出次第、まずは教科書のどこからどこまでがテスト範囲なのか、

ということを確認することから始める。

提出物としてワークやプリントなどが出されると思うが、いきなりそれらを解かないでほしい。

なぜなら解き方がわかっていない状態でワークなどを進めても、解答を写すことにしかならないからだ。

もちろん解き方や考え方が完璧なのであればワークから始めてもかまわない。

しかし、そのような状態でないのであれば、

教科書を熟読して基本的な問題の解き方・考え方を頭に叩き込む

ことから始めていこう。

 

中には教科書を見てもわからない、という生徒もいるかもしれない。

その場合は、教科書のどこの部分がわからないのか、ということをすべて抜き出した状態で、

学校の先生や塾の先生に質問していこう。

質問するときにただ、「わからない」、では先生も何を教えたらいいかわからないし、

先生たちにも都合というものがある。

必ず「どこが」、「何が」、わからないのかをまとめた上で質問にいこう。

そうすれば先生も快く回答してくれるはずだ。

ステップ2:ワークやプリントなどの提出物を徹底的に解く

1週目はすべての問題を解けなくてもかまわない。

わからない問題は解答を見ながら答えを写してもよい。

とにかく『出来る』問題と『出来ない』問題を区別することが重要だ。

テスト1週間前までに数学の提出物はすべて終わらせる、これが理想形だ。

あとの一週間で、

出来なかった問題を、見れば解き方と考え方が一瞬にして頭に浮かぶ状態

まで何度も何度も反復して叩き込む。

言い換えてしまえばワークの問題文と答えを暗記するレベルまで持ってくということだ。

 

しかし、もちろん単に答えだけ覚えても意味がない、

「この問題はどのように考えて、どのように答えまで導くのか」

ということを理解しなければならない。

模範解答を見ても解き方が理解できないかもしれない。

その場合は理解できない問題を抜き出して必ず「テスト前」までに先生に質問をしよう。

「この問題は出なさそうだから別にわからなくてもいいや・・・」という問題ほど出題されるものである。

テスト前には疑問点がない状態まで持っていこう。

ここまで持ってくることが出来れば、すでに80点以上は取れる準備が出来ている。

 

ステップ3:市販の問題集や塾の問題を使って仕上げをする

塾に通っている場合は、塾のテキストの問題、テスト対策用のプリントをさらに解きこんでいこう。

塾に通っていない場合は、教科書準拠の教科書トレーニングを使用して仕上げを行うといいだろう。

教科書に沿って作られた問題集なので、定期テスト対策には最適である。

 

ステップ3まで到達した君は、90点以上を十分突破できるはずだ。

 

ここで1つ注意したいのだが、ステップ3に移るときは必ずステップ2を完璧にしてからにしてほしい。

なぜなら学校のテスト問題は学校ごとに違いはあるが、基本的にワークに沿って出題されることが多いからである。

もちろん塾に通っていて、塾の授業内でどうしても塾の問題を解かなければならない、というときは話が別だ。

自分で勉強するときには、順番を守って勉強に励んでほしい。

定期テストの数学で90点以上を突破する3つのポイントまとめ

①教科書を読み込んで、基本問題の解法を完璧にする

②ワークやプリントの提出物を暗記するレベルくらいまで解きこむ

③塾の教材や教科書トレーニングを使用して仕上げをする

 

以上3つのステップを踏んで勉強を積み重ねてほしい。

数学はほかの教科と違い、一度コツをつかんで成功体験をすれば

得意科目になる可能性が高い教科である。

ぜひとも数学を得意科目にし、自信を持ってテスト、そして来るべき入試に備えてがんばってほしい。

オススメ勉強コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・中学校のテストで高得点を取らせたい
・学校の教科書に準拠してほしい
・自宅でも勉強してほしい

そんなお母さんの希望を叶えるのが勉強サプリです。【無料トライアル】ができます。

勉強サプリの料金はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*