【電子辞書vs紙辞書】電子辞書より紙辞書のいいところ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私は紙辞書支持者だ。

私が高校生の時はすでに電子辞書を持っている学生も多く、ジャパネットたかたさんでも高機能で、さまざまな辞書が売られていた。ご多分に漏れず、私自身もターゲット1900やターゲット1000が収録されている電子辞書を使っていたが・・・・

それでも紙辞書の優位性には勝てなかった。さまざまな価値観があるので、持論として受け取って欲しい。そして紙辞書の使い方についても紹介したい。

 

 

電子辞書vs紙辞書

電子辞書のいいところ

・持ち運びが便利
・調べるまでが速い
・多機能

紙辞書のいいところ

・周りの単語も一目で入る
・書き込んだり、付箋が貼れる
・成句も一目で入る
電子辞書にも紙辞書にもそれぞれの利点がある。
実際のところ、私は紙辞書と電子辞書を併用していたので、それぞれのメリットを活用していたと言えよう。私が紙辞書を愛している点については以下で紹介した。

 

 

紙辞書の方がいいと思う理由

私が紙辞書の方が優れている点は以下の通りだ。

この点で優れているという意味は、「大学受験の勉強にといて」という意味だ。勉強の効率がよくなるので、私は紙辞書を愛していた。

 

1、様々な情報が入ってくるので接触回数が増やせる

紙辞書は、abcdefghijk…と頭の中でアルファベットを唱えながら引かなければならない。

例えば、「reason」という単語を調べるだけでも。reの欄を順に見ていくことになる。すると「reach」「ready」「real」「realize」「really」などなどその他の単語も同時に目に入ってくるので、純粋に接触回数が増えるのだ。

辞書は1つの単語を引くのに、1つだけでは済まない。これが電子辞書だったら、打ち込むとその単語だけピンポイントで出てきてしまう。
調べる行為を100回、200回、300回・・・と繰り返していくうちに様々な単語が目に入ってくる。

しかも、紙辞書の良い点は重要な単語は大きく書いてあるので、自然と頭に入ってくるのだ。

もちろん時間がかかるというデメリットがあるので、受験ギリギリのシーズンは電子辞書を使うことをオススメする。

しかし、君が高校1~2年生や3年生の夏休みくらいであれば、地道に紙辞書で調べていく方がいいだろう。本当に色んな単語が目に入ってくるからだ。

 

 

2、書き込めるので接触回数が増える

紙辞書には書き込むことができる。

私は紙辞書で2回以上引いた単語は蛍光ペンでマーカーを付けるようにしていた。もちろんofとかonとかinとかの細かい用法を知りたい単語は別だ。

「自分が長文や文法問題で出てきた単語で知らないもの」(例:representative)

を2回以上引いた場合は、蛍光ペンでマーカー。

するとどうだろうか。調べるための辞書が、「自分の苦手な単語が一目でわかるもの」に代わる。2~3ヶ月も辞書を使っていると平気で200~300くらいの蛍光マーカーが引かれているのだが・・・

1で述べたように、知らない単語を引く時に蛍光マーカーが自然と目に入ってくる。

だから、「自分の苦手な単語」を何度も何度も見る機会を作ることができるのだ。

 

これが電子辞書だったら、そううまくはいかない。

私自身、電子辞書で同じ単語を何度も何度も調べてしまったことがあるし、電子辞書だとグループ分け機能などがあっても、「自然と」目に入るのは難しい。

 

3、成句・例文が豊富で目に入る

 

電子辞書の場合は、小さな画面でスクロールしなければいけないので成句にまで目が届かない。

1つの単語を引くと、その単語だけで満足してしまう。

しかし、紙辞書の場合だと見開き1ページにかなりの情報が目に入ってくるので、成句や例文の豊富さに目が届く。そして実際、紙辞書の方が電子辞書より例文が豊富なのだ。

 

英単語は結局のところ、実際に使えなければ意味がない。

文章中でどのように使われているのか?を理解しながら、英単語を覚えていくことができれば、次の段階に進むことができる。

紙辞書であれば、例文や成句が自然と目に入ってくるので、毎回1文でも読むようにすれば、物凄い力がつくはずだ。それが100回、200回となれば・・・もう言わなくても大丈夫かな。

 

 

紙辞書のいいところは・・・

 

今の私の説明で、紙辞書の優れている点は「目に入る」という点だということにお気づき頂けたと思う。

結局、紙辞書は能動的に積極的に、かつ手間をかけて使わないといけないので、さまざまな情報が目に飛び込んでくるのだ。

 

それを1~2年繰り返し使っていけば、100回200回と見た情報なので、自然と覚えてしまうというわけだ。

これがなんとなく使用しているだけでは絶対に頭に入ってこない。

・例文を1題は読む
・成句にも目を通す
・2回以上引いた単語は蛍光ペンでマーカーをつける

 

こういったルールを自分で設ければ、1冊の辞書から物凄い量の知識を吸収することができるだろう。

 

 

 

まとめ

 

紙辞書は最高だ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*