千葉県高校入試制度まとめ【内申点・一般・推薦】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は千葉県の高校受験情報をまとめる。

【概要】

高校数:132校
平均倍率:1.42倍(後期試験)

 

内申・一般入試・推薦入試など

〇内申点の計算方法

内申点は中学1~3年生。9教科を5段階にて評定。

千葉県独自の計算方法を導入している。
【内申点計算方法】

計算式: X+a-m
X:9教科の評定の全学年合計値
a:県が定めた評定合計標準値(=95)
m:在籍中学の評定の平均

 

つまり、自分の内申点に95を足して、その中学校の全体評定平均を引くことになる。

■通っている中学の内申点の評定平均が94の場合

自分の内申点+95-94

で、計算する。

 

 

〇一般入試

【前期試験】

普通科は募集定員全体の30~60%が前期試験で決定する。

試験は2日間。

1日目は共通問題5教科
2日目は学校独自の問題、面接、小論文、自己表現など
2日間の試験+内申点で合否が決まる。

 

【後期試験】

後期試験は1日。5教科の試験+高校によって面接も実施。

後期募集の定員人数の80%をまずA組として合格。残りの20%はB組として、独自の算式で合否が決まる。

 

 

〇推薦入試

実施しない。

 

 

まとめ

内申:中学1~3年生 → 独自の計算式にて産出
一般入試:前期・後期
推薦入試:実施しない

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*