こんにちは!

大学進学を考えている場合、

「日本史と世界史はどっちが難しいのか?」

こういった悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。

 

予備校の講師によると、世界史の方が覚える量が多いと言われていますが、

ただ覚える量が少ないという理由だけで日本史を選択してしまうと、失敗してしまう可能性もあります。

 

世界史は量は多いですが、覚えやすいともいえますし、日本史は細かいところが多いので、

どこまで勉強するのか、大学のレベルによっても異なりますから、自分にあった勉強法を見つけることが大切です。

 

今回は日本史と世界史の勉強の仕方をご紹介をさせていただきます!

日本史と世界史どっちを選択すべきか?

大学受験を考えるとき、日本史と世界史のどっちを選択するべきか、悩んでいる人も多いと思います。

 

日本人なら日本史はある程度知っていますし、なじみがありますから、入りやすいと考えてしまいがちですが、

基本的に大学受験というのは、落とすことが目的でおこないますから、常識問題では入試には役不足となってしまい、難問が登場してしまいます。

 

一方、世界史の場合は、もともとなじみがないジャンルですから、初めて聞いた言葉は頭に残りやすく、

基本的に難問ではなく素直な問題が出題されますから、基本を勉強していれば、多くは対処できると考えられます。

 

また、日本史の場合は、日本史の知識だけではなく漢字の知識も同時に行われますから、さらにハードルが高くなってしまいます。

世界史の場合、西洋史が頭に入っていれば、英語の長文問題を理解しやすくなりますし、一つの問題集と重要語句集などをやっておけば、十分対応できるといえます。

 

私は高校時代、世界史ではなく日本史選択でした。

 

というのも、高2のときは世界史と日本史両方をやっていたのですが、どうしても世界史のカタカナの名前を覚えることができず、

全然頭に残らないため、テストの点数も伸びず苦痛であったため、高3から世界史を辞め、政治経済に変更しました。

 

一般的には大学受験には世界史の方がよいと言われる場合もありますが、

人によって向き不向きもあるので、日本史と世界史、初めは両方手を付けてみて、自分に向いている方を選択するのも一つの手です。

 

また、大学によっては入試の際に世界史必須、日本史必須など決めているところもありますので、

自分の受験する大学の必要としている受験科目を調べて、日本史と世界史どちらにするか決めるのもよいと思います。

 

外国語大学などは、世界史を必須としているところが多いと思いますので、注意して調べてみてください。

日本史選択のメリットは?

日本史のメリットとしては、世界史に比べると歴史が一本調子で、暗記が少ないという点があげられます。

また、小学校・中学校と通して勉強をしているのでなじみがあり、だいたいの流れは理解しているということもメリットとしてあげられます。

 

大学受験のための日本史の勉強法がわからないという人も少なくありませんが、

大学入試では旧石器時代から現代にいたるまで出題される幅がかなり広いため、遅くても6月頃までには、一から勉強する体制を整えておくことが大切です。

 

1、2年生で解いてきた模試というのは、範囲も狭く深い内容理解が求められる問題が出題されているため、

なんとなく解いてなんとなく復習しがちですが、入試を意識した場合には、きちんと問題の傾向を知り、それにあわせた対策をとることが大切です。

模試で出題される問題は貴重な教材となりますから、今まで解いてきた模試をもう一度復習しておくことで、出題の傾向を知ることができます。

 

また、入試問題では文化史や経済史、外交史なども出題されますから、

歴史をテーマごとに整理し、苦手な範囲を重点的に見直すなど、さまざまな観点から復習を重ねていくことが大切です。

 

日本史の勉強は、教科書だけではなく資料や史料集が必要となりかなり重たくなってしまいます。

 

また、散在している情報を見つけだすのもかなり大変ですから、日頃から1~2冊のノートに日本史をまとめておくとよいでしょう。

 

通史は歴史の流れを意識する必要がありますが、文化史などは歴史の流れはそれほど関係ありませんから、ノートを区別することで、より効率的に勉強をすすめることができます。

 

ノートのまとめ方としては、ページごとに時期や単元など、まとめる内容を決めたり、矢印やペンで枠を書くなどして、図式化する。

用語の種類ごとに色分けをしておくなど、ノートのまとめ方を工夫することで、必要な情報だけを暗記することが可能になります。

世界史選択のメリットは?

世界史の場合、日本史ほど内容が深すぎることもなく、世界各国の流れを覚える必要があるため、一見大変そうに思えますが、

世界各国の主要なできごとを覚えておけばよいので、日本史に比べると単純といえます。

 

また、世界史は戦争が関していることがほとんどですから、難易度をみても世界史の方がおすすめといえます。

戦争が終わると国がなくなるなど、戦争を基準としてことが進んでいくと覚えていれば、少しは世界史が簡単になるかもしれません。

現役時代にこの情報を知りたかった!という感じですね。

 

日本史は、日本のことだけしか出題できない分、細かいところを出題されますが、

世界史は国の数が多い分、この国の基礎的なことだけしか出題されませんから、勉強しやすいといえます

まとめ

日本史は、学校で勉強してきた年月が長い分、なじみがあり流れをつかみやすいといえます。

そのため、通史の理解のすすみが速いといえますが、

終盤戦で深く学ばなくても点がとれる方がよいと思っているのなら、世界史を選択することをおすすめします。

 

日本史は、日本の政治体制や文化など、主に内政について問われますから、普段の生活ではあまりなじみがない名前も覚える必要があります。

また人の名前や事件はできるだけ漢字で書けるようにする必要があります。漢字が苦手という人にとってはつらい科目かもしれません。

 

一方、世界史は、主要な出来事さえ押さえておけば、日本史に比べると覚えるものは単純ですから、難易度を見ても世界史の方がおすすめです。

また、人の名前や事件の名前も漢字ではなくカタカナが比較的多いため、漢字が苦手な人は世界史の方がおすすめかもしれません。

 

あまり時間がなく、歴史に時間を割くことができないという場合は、世界史を選択し、

時間に余裕があり、歴史にも時間をさくことができるという場合には、日本史を選択するなど、残された時間と比較して選択するのも戦略といえます。

 

高1,2のみなさんはまだ受験まで日があるので、社会の歴史科目についてもう一度考えてみてもいいですね。