school

エスカレーター式進学は子供たちにとって良い影響を与えるのか否かについては、かねてより議論されてきています。

 

エスカレーター式では、私立大学の付属高校に通っていれば、一般入試を受けずに内部進学という形をとることができるため、大学への進学がある程度保障されている」ことが大きなメリットです。

 

しかし現在の「内部進学」の様子を見ると一概にラクだとは言い難いのです。

 

 

大学進学はエスカレーター式が良いのでしょうか。また、高校進学においても、そのほうが良いのでしょうか。

 

大学進学はエスカレーター式が楽?

 

 

例えば、早稲田大学の系列校である早稲田実業高校では、ほぼ100%早稲田大学へ進学できます。高校卒業前に希望する学部の内部試験を受けるという形をとっています。

 

メリットはもちろん、高校でしっかりと勉学に励んでいればほぼ確実に付属・系列の大学に入学できるということ。

 

一般受験で早稲田大学に入学するのはとても難しいことは有名だと思います。

早稲田、慶應は医学部等を除けば大学受験において私立最難関校です。

 

そこにほぼ確実に入れるというのは非常に大きな利点ですね。

 

また、早稲田実業高校は高校入試の時点でも最難関クラスですからみな学業熱心ですが、それでもなお学校側は勉強面に一層の力を入れています。

「一般入試で入ってくる学生に学力面で劣らないようにするため」、早稲田の求める水準に達していない学生は徹底的に補習等が設けられるといいます。

 

ですので、高校生のうちも学校側が厳しいため中だるみが起きにくいのですが、裏を返せば付属校・系列校に入ったからと言ってラクができるという状況ではなくなってきています。

 

 

また近年、「中等教育学校」という新しい仕組みの学校も増えつつあります。

 

これは、中学から高校までをひとくくりにしてカリキュラムを組むことにより、より深い学びを得ることを目的としたタイプの学校です。

 

 

なかには中学校3年生から高校一年生になるときに学力達成度テストが設けられていて、求められる水準に達しない場合補習が行われるケースもありますが、基本的に中等教育学校では高校受験は必要ありません。

 

このメリットは前述したように中学校3年間、高校3年間というような区切り方ではなく、中高合わせた6年間を通して学習計画が組まれていることにあります。

そのため、「中学校ではここまでしか教えられない、より詳しいことは高校で」といった指導面での弊害がある程度取り払われています。

 

中学で教える内容に高校で学ぶ知識を「応用」として包括的に学習できるのでより深い学びが得られるのです。

 

また、学生生活面でもメリットはあります。

 

中学校、高校は部活動に精を出す時期でもあります。しかし高校受験があると3年の早い時期に部活動を辞めざるを得ません。また高校に入学した後に始めた部活動も、大学受験の関係で大体は高校3年生の1学期には辞めることになるでしょう。

 

つまり大まかに計算すると4年分しか部活動ができない、ということになります。

 

しかし中等教育学校であれば高校受験がいらないため、実質5年間部活動ができるようになります。

 

こういった面で中等教育学校はメリットをもっていますが、その一方で後述する「中だるみ」というデメリットも抱えています。

 

 

ここまでをまとめると、エスカレーター式の進学は昔ほど楽ではないという見解が正しいかもしれません。

 

しかしそのメリットは健在で、エスカレーター式の進学をするメリットは大いにあると言えます。

 

 

エスカレーター式のデメリットは?

 

エスカレーター式による進学のデメリットは、やはり、外部入学者との実力差が生まれてしまうこと。

 

先の例のように早稲田実業高校では学校側が非常に手厚く勉学をサポートしていますが、中には学生の努力に任せている学校もあります。

こういった場合、内部進学者と外部入学者の間には少なからず学力の差が生じてしまいます。

 

この学力差により軋轢が生まれることもまれに起こるようで、大学内でもうまく溶け込めないと「内部組」として固まってしまうこともあります。

 

 

つまり、大学に内部進学する学生は、外部入学者との学力差が生まれないよう日頃からの努力が求められるということになります。

 

 

 

中等教育学校、及び高校に付属する中学校などの場合、「中だるみ」が発生しやすくなります。

「中だるみ」というのは、中学校2年生から高校2年生くらいにかけて勉強を怠けてしまうことです。

 

「中だるみ」の一番の原因は、メリットでもある「高校受験がない」ということです。

 

高校受験がないことで深い学習や部活動に精を出すことができますが、一方で「高校受験」という勉強をするための強い動機づけがないため勉強がおろそかになってしまうことがあります。

 

このように、エスカレーター式の進学にはデメリットも複数あります。

 

 

 

また、大学進学の場合では、エスカレーター式によると、勉学を続けない恐れがありますが、高校へのエスカレーター進学に於けることは、その高校の勉強についていけないことが予想されます。

 

これは、人間関係の構築にも言える事なのですが、内部で温存された境遇にいると、どうしても耐久力の点で、人間生活・生活環境、そして、勉学環境のことに劣る性質があり得るのです。

もちろん、中学からの勉学を怠らず、世間に精通している人は優秀ですが、子供の内に、内部の守られた環境に温存してしまう結果、さらに上の学校が内部の進学であった時は、やはり、弱さは否めません。

 

実際、こどもというのは厳しい環境を乗り越えて、成長するものです。

 

親がそう望んだとしても、世の中の荒波に戦っていける生徒に育成を願うならば、やはり外部からと言う意味の方が、強い生徒が育つのです。

 

また、表裏一体のエスカレーター進学ですが、解る学生は、中学・高校においても、他との教育環境の共有などで、内部の温存された環境に満足しない学生もいます。

 

それは、よく世界への見識を豊かにしているというかたちになります。

 

【まとめ】

親からすれば、学校の教育もそうですが、まもられた環境にあることを、願いやすいものです。

 

たとえば、いじめの問題など、それがないところがいいと思うかもしれません。

 

はなしは極端ですが、多少のいじめは学校では常識なのです。

 

その中にいる学生がどういう状況でそれに立ち向かい、知恵を得ていくのか。

そして、その対応策として、どういう人間関係を構築すればよいのかなど、世の中に対応していくための、対抗力というものが、付いてくるようになります。

 

エスカレーター進学という事で、内部から、外部からと言う言葉が学生の間に増える進学先なのです。

 

そこで、どちらが上かと言う徒党を組んだ状態になれば、学校としても、不便な状態にはなるのですが、実際は、外部からの荒波に飲まれた学生たちが有利なのは否めません。

 

また、そこには、プライドの構造や、学生の心理状態として、こどもの内から、学校の名前に依存したりなど、大人になってからの有能な社会人になるための基礎が育たない恐れもあるのです。

なので、エスカレーター進学が果たして、こどもが大人になった時に有効なことになり得るのかどうか、一度検討してみるのがよろしいでしょう。

 

また、受験と言う外部からの激烈な状況をくぐってくる人には、確かに実力はつくものがありますが、外部からの入学があれば、それで済むという問題でもなく、たしかに学風を受け継ぐという点では、有益なことはあります。