中学受験という選択肢が増えている。

東京に関して言えば、約20%近くの小学生が中学受験にて進学する。東京都23区は約30%。千代田区は50%以上の割合となっている。

中学受験をさせるとしたら、いつから塾に通わせるべきなのか?と悩まれている保護者様も多いはずだ。

そこで今回は、いつから塾に通うべきかについて見ていこう。今回は私立中学受験に限ってお話をする。

 

 

小3の2月から塾に通うのが良い理由

 

中学受験の塾はたくさんある。

大手で言えば、日能研、SAPIX、浜学園、希学園、早稲田アカデミー、四谷大塚、馬渕教室、進学館・・・などがある。

そのほとんどが、小学校3年生の2月からのカリキュラムとなっている。

小学校3年生の1月に入塾テストを実施して、2月から授業といった形になっているのだ。

 

だから、小学校3年生の2月からの塾通いが最もオススメだ。

 

おもしろいことに中学受験のカリキュラムは1年ごとになっていて、どの学年から入塾しても一応はこなせるようにできている。

理科・社会などの範囲が広く暗記要素が強い内容には当てはまらないが、4年生で学習した平面図形の問題を5年生の同時期に学習する。つまり、学年が上がるにつれて同じ内容をどんどん難しくしながら指導しているのだ。

同分野の連続学習の仕組みを取っているので、どの学年から入塾しても一応オッケーではある。

もちろんどのレベルの私立中学に行かせたいのか?によっても変わってくるし、子供の能力にもよる。

先にも述べたように、中学受験の塾のカリキュラムは1年ごとになっているので、4年生の2月に入塾しても一通りはできるわけだが、いかんせん内容が難しい。

要領の悪い子供にとっては、塾の授業についていくことが難しくなってしまうので、5年生から入るのは危険だろう。

 

また、地元のそんなに偏差値の高くない中学に通わせる予定であれば、4年生からバリバリ進学塾に通わせなくても大丈夫だろう。

偏差値40そこそこの私立中学であれば、5年生から地元の塾に通って合格した!なんて話も良く聞くからだ。

 

■超難関校を受験させる場合

最近のトレンドだが、超難関校を受験させる場合は小学校の低学年1~2年生から塾通いを始めさせる親もいる。

というのも、大手の中学受験塾が小学校1年生や2年生からのカリキュラムを充実させ始めているからだ。意識の高い親であれば、通わせたくなるようなカリキュラムが多い。例えば、ことば遊びだったり、パズル遊びだったりの内容だ。

思考力や表現力を育てるプログラムとなっている。

また小学校4年生からの塾通いや毎週のテスト、月例テストに慣れるという意味で低学年から通わせる場合もある。

一昔前であれば、

「中学受験は4年生から。超難関校に合格させたいなら、3年生から」

といった定説があったが、最近は小学校1~2年生からにシフトしていっている。

もちろん子供の能力とやる気にもよるので一概には言えないが、参考にしていて損はないだろう。

 

まとめ

中学受験の塾通いをいつから始めるか?については、小学校3年生の2月が一番スムーズに行くだろう。

超難関校を受験させる場合は小学校1年生から通わせるトレンドも出てきている。