こんにちは!

みなさん毎日自主学習ははかどっていますか?

 

勉強になかなか身が入らないとき、ついついスマホをいじってしまったりしていませんか?

試験勉期間になると、普段なんとも思っていないことを急にやりたくなったりしますよね。

例えば部屋の掃除とか。わたしも試験期間になると突然部屋の大掃除をしたくなってしまいます。

 

でも、誘惑に負けないように気をつけましょうね。

 

また、試験勉強は友達とするという人もいるかもしれません。

友達と勉強するのは実際いいのでしょうか?

 

そんな疑問を解決するために、今回は勉強を友達とやると効率が悪いのか?メリットデメリットを紹介していきたいと思います。

勉強を友達とやるのは効率が悪い?

みなさんは宿題や試験勉強などを友達と一緒にやったことはありますか?

 

よく、カップル同士で勉強すると相手が気になってつい構いたくなっちゃうと聞いたことがありますが、友達はどうでしょうか。

相手が気になって勉強に集中できなかったら、勉強が進まなくて困りますよね。

 

これは人それぞれだと思います。一人で勉強したほうが集中出来てはかどるという人もいれば、

友達と張り合いながらお互いわからないことを教えあったりして理解を高めていくという学習スタイルもあります。

 

ですから一概に友達と勉強することは効率が悪いとはいいきれないのです。本当にやる気があれば友達同士で勉強してもはかどるというわけです。

 

例えば暗記をするときは私は一人で家でやった方がはかどる派ですが、

いまいち授業だけでは理解できなかったところを友達と一緒に勉強することで、互いに教えあい、頭に定着させることができます。

また、試験の時にも友達との会話なら思い出すことができ、意外と友達と勉強するのは効率は悪くないのではないかなと思います。

 

大学に入ってからもたまに友達と勉強することはありましたが、友達のおかげでわかるようになった!というものも少なくありません。

 

また、友達の勉強方法を知ることができます。いい勉強方法だったら、その勉強方法を真似してみるのもいいですね。

友達とやるメリットはある?

前のテーマでも述べましたが友達と一緒に勉強するとお互いの勉強の理解度が高まります。

わからないところを教え合ったり、ノートを見せてもらって参考にできるところを盗むのです。

 

盗むというと言い方が悪いかもしれませんが、友達だって勉強のライバルです。

 

相手もきっとあなたの勉強法でいいところがあれば参考にしようと思っているはずです。

友達と勉強するデメリットは?

友達と勉強するデメリットといえば、勉強する気があまりない者同士が一緒に勉強しようとすると勉強にならないことです。

志の高い者同士はライバル意識が高いのでたとえ友達同士で勉強しても集中して一生懸命やろうとします。

しかしあまり勉強が好きではない、したくないものにとっては勉強会はせいぜい形ばかりのおしゃべりになりかねません。

そのうちお菓子をたべながら雑談などを始めてしまい、勉強をほっぽってしまいます。

 

友達と勉強してデメリットを感じるのはそう言った点です。

 

ですから、私も友達に勉強会をしようと言われた場合にはメンバーを見ます。

勉強のやる気のない友達と一緒に勉強会というものを開いたって、言い方は悪いですが自分にとって何の利益にもならないからです。

むしろ、ただ自分がノートを見せてあげるという無駄な時間を過ごすことになるかもしれません。

試験前の貴重な時間をそんなことに使いたくないですよね。

 

真剣に勉強をしたいという方は、勉強会をする際にもメンバーを吟味することが大切だと思います。

まとめ

最後になりましたが、勉強は本来一人でやったほうが遥かに効率が良く、集中できます。

勉強は自分との戦いです。

 

でも友達のノートを見せてもらいたい、わからないところを教えてもらいたいなどやむを得ない場合もあると思います。

そんな時は学習時間を決めて2時間だけ一緒に勉強しようなど、友達と勉強ルールを作るといいかもしれないです。

2時間だけと時間を決めることで、集中して勉強をすることができると思います。

 

そして、その間だけ友達と一緒に勉強し、別れたら友達の参考になった部分を自分のものにしてガッツで集中しましょう。

 

そしてあまり勉強にやる気がない人は友達と一緒に勉強することはあまりおすすめしません。

一人で勉強できない人が友達と勉強して集中できるわけがないからです。

 

勉強もそうですが一人でやっても友達とやってもメリットとデメリットはそれぞれあります。

なので両方のいいところだけをとって、今後の学習に活かすことが大切ですね。

 

勉強のいいとこ取りをすれば一人で勉強しても友達と勉強しても関係ありません。

それからどうしても友達と勉強する場合は自分より成績優秀な人と一緒に勉強することをおすすめします。

 

成績優秀な人は次のテストでも高得点を出したいので必死です。雑談なんてきっとしないでしょう。

そしてこちらもわからないところを教えてもらえます。勉強にも集中できて理解度も深まるなんて一石二鳥ですね。

ですから友達と勉強をするときは相手を選びましょう。そして、大勢で勉強するのは絶対に避けましょう。

 

なぜなら大勢で勉強するとかならずおしゃべりをはじめる空気よめないやつがでてくるからです。

集中力が切れておしゃべりをはじめ、勉強が進まない。効率が悪すぎます。そんな人と一緒に勉強してはいけません。

高校時代にもそういう人はいましたが、こちらの勉強にも支障をきたすので、一緒に勉強することはできるだけ避けるようにしていました。

 

いかがでしたでしょうか。今回は友達と勉強するのは効率が悪いかとそのメリットデメリットについてお話しましたがお役にたてましたか。

 

でも最後はやっぱり自分の強い意志なのです。

自分で強い意志があればどんな環境でも勉強はできます。一人であろうと友達と一緒であろうと関係ありません。

 

つきあいでどうしても友達と勉強することになってしまった。乗り気じゃない。それでもいいんです。友達と別れてから自分の部屋でガッツで勉強すれば遅れはとりもどせます。

 

試験前になるとみんな憂鬱になると思いますが、これも志望校に合格するための試練です。

たった2週間くらいの辛抱ですから部活動もお休みになることですし、この時ばかりはテスト勉強に全神経を注いでもいいと思います。

 

自分が夢に描いた高校生活、キャンパスライフを夢見てこれからも勉強がんばりましょう。

とにかく試験前は体調管理に気をつけて風邪などひかぬよう、手洗いうがいなどマスクをつけて生活するなどと、いろいろ工夫して全力でテストにのぞめるようにがんばりましょうね。

私もみなさんを陰ながら応援しています。