勉強に集中できる温度はどれくらい?低めが効果的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

おそらくこの記事にたどり着いた人は、「勉強しようとは思っているんだけど、いまいち集中することができない」と感じている人が多いかもしれません。

いざ勉強に取り掛かってみても、集中が続かずいまいち勉強がはかどらない。

そんな人はたくさんいます。

それには室温が関係している場合があります。

 

勉強に集中できる温度はどれくらいでしょうか。

眠気を防止出来て、集中できる快適な温度はあるのでしょうか。

温度管理により勉強の効率が上がれば、それに越したことはありません。

今回のこの記事では、環境学からの勉学の向上について説明します。

 

是非ご一読いただき、勉強効率の向上に役立てていただければなと思います。

 

 

勉強に集中できる温度は?

勉強に集中できる温度は、低めと言われています。

それは、体温の上昇が、体への眠気をもよおすからです。

 

体温が上がると、身体は上気して、細胞がふやけた状態になります。

自分の肌が締まるような感じでクールな状態を保っていれば、身体の細胞は活性します。

つまり、体温を上げなくては、恒常機能が保てないと身体は思うのです。

身体の細胞は温度を上げようとします。

そしてそのためのホルモンが放出されるのです。

一般にこれは、甲状腺機能の交感神経に属するホルモンの種類です。

それは、身体の毛を立てて、発汗し皮膚呼吸を盛んにします。

それと同じように身体中の細胞が、活動を余儀なくされ、脳細胞まで働くわけです。

暖かくすると、布団に入ると寝やすいですが、身体の緊張していない状態で人はリラックスします。

つまり、適度な肌へのストレス状態、少し寒い状態が、精神がはりつめた状態になるというわけです。

 

精神がホルモン物質によっても過敏に反応し判断している状況では、記憶力やその記憶容量が違ってきます。

空調が何もしなくて、ちょうどよい心地よさよりもマイナス2度で、発汗している状態を、勉強しているハードトレーニングの状態と呼べるでしょう。

 

こたつの中にいることを想像してみてください。

こたつの中にいると眠くなるという経験をしたことはありませんか?

これは体温が上昇するから眠くなるという裏付けがあるからです。

 

逆に言えば、涼しい環境では眠くなりにくいということになりいます。

そのため学習塾などでは冷房の温度が低めに設定されているわけです。

 

次は勉強に集中するために低音が適している理由についてを紹介していきます。

 

 

勉強に集中するために低温が適している理由は?

勉強に集中するために、低音が適している理由は、適度なストレス状態により、身体能力を上げている状態と説明しましたが、より具体的な理由は二つあります。

一つ目の理由は、冷静な判断力が増すためです。

つまり、集中するためには、余計な考え事を排除する必要があります。

 

室内の暖かい室温に慣れていると、身体は習慣的に弛緩された状態になります。

身体の筋肉や背筋を伸ばして勉強する姿勢は、冬の寒い時期早朝にはとても有効なのです。

ピンと張り詰めた空調が、精神をたくましくします。

 

二つ目は、室温が低いと目が覚めるということです。

これは眠くならないという意味とはちょっと違っていて、たとえば冬の遠山が良く見えるときの眼球の様子の事をさしています。

湿度とも関係することですが、湿度は控えめで、室温が低いと目が冴えます。

これは、本を読んだり、活字を見たりするのには、ちょうど良いと言えます。

 

勉強に集中したいと考えた時、やはり頭の中は冴えた状況でいたいですよね。

そのためには少し室温を低めにしてみると効果的です。

その理由をこの段落で説明しました。

 

是非自分の家の設定温度を見直してみてください。

集中の継続ができるかもしれませんよ。

 

 

暖かいと眠くなってしまう?

暖かいと眠くなってしまう状況は、本人の努力心のあるかないかにも関わる問題ですが、確かに寝ようとするときに布団で温まっているとすぐに寝れます。

反対に冷え性であれば寝つきにくいでしょう。

 

これも甲状腺ホルモンとかかわりのある事ですが、身体が余計にアグレッシブでな状態が始まると、つまりほんわかしてくると、身体の緊張状態が解けます。

そのためのリラックスホルモンと言うものが出るので、身体は横になったりしたくなり、集中力が続かなくなります。

かえって、横になって、食べたものを消化したい状態や、このままうとうと眠っていしまいたいのです。

 

一日のやり遂げた最後の脱力感と、布団の温かみは心地よいです。

睡眠を取る力になります。

働いたり、勉強している時は、身体の表面ですらアグレッシブになるのです。

そして、そのアグレッシブさを保つために室温を弱低音にしましょう。

 

ここで余談となってしまいますが、勉強にはメリハリが大事とよく言われますよね。

集中するときと、休む時のメリハリが重要なのです。

つまり、思いっきり勉強して、終わったら思いっきり休むことが大事ということです。

 

ということは室温で考えてみると、思いっきり勉強するときは室温を低めに設定し、思いっきり睡眠をとって休養を取るときは室温を少し高めにすると良いということになります。

室温が低いことによって頭が冴えて集中力が増し、室温が高めにときはリラックスできて身体を休めることができるのです。

室温によってもメリハリをある程度コントロールすることができるということになります。

 

勉強の集中のためには休養も大事になりますから、是非室温によって自分の身体をコントロールしてみてください。

 

 

 

まとめ

室温を保つことは、現代の日本ではある程度は容易ことです。

室温の他にも、湿度や、空気中の粉塵・ハウスダストの問題もあります。

なので、手間が空いたら、適度に部屋を掃除し、クレンリネスを保つことを勉強する人はすべきです。

部屋がごちゃごちゃでは、余計なストレスにより、勉強中に負荷をかけてしまいます。

 

それから見えている汚れもそうです。

そして、持つペン類の清潔さも、勉強の効率とかかわりがあります。

要するに、勉強部屋、スタディルームによく利いた管理をし、自分の空間内の勉強中の態勢にこだわる事が重要なのです。

できないのは自分と思っている人は、改善力がありません。

頭の良い人は、室温を下げ、衛生面に気を付け、最適な勉強環境をみずから、マネジメントしているのです。

たとえていうなら、犬が自分の犬小屋を整理し、片付け、中で本を読んでいるようなものです。

そして、内側にばい菌が居ないかいつもチェックし、採光までこだわっている状態の事です。

勉強と言うのは、世の中から離れ、それに従事していると、世捨て人のような感覚すら沸いてきます。

 

しかし、それは悩みに対抗する力であり、努力によって自分の人生を変えようとしている瞬間の連続なのです。

その勉強の手段として、勉強部屋のシステムがあり、その空調がある訳です。

自ら入っているスタディルームを自ら管理すれば、自らを使役する一番楽な方法が見つかります。

つまり楽しながら努力することが、勉強の最適化です。

 

その勉強の最適化を図るために一つの方法として、今回の記事では室温について紹介しました。

是非活用して、勉強に集中できる環境づくりをしてくださいね。

 

この記事は以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*